スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懐かしのフィギュア・シリーズ 牛乳配達 
natukasi_f.jpg


私が小学生だった頃、牛乳は毎日戸別に配達してくれるものでした。ウチへも牛乳配達のオジサンが、裏口に引っ掛けた黄色い蓋付きの木製小箱に、姉と私の分2本を毎朝届けてくれていました。牛乳瓶は洗って箱に戻しておくと、その時替わりに回収してくれるシステムです。

そういえば、大人は飲んでいなかったなあー。せめて子供にだけは栄養のある牛乳を飲ませてやろうという親心だったのでしょうネー。丁度経済急成長期だったとはいえ、時代はまだつつましく、社会全体がまだまだ貧乏だったです。近所にコンビニはおろかスーパーもなかったですから(デパートが市に1つか2つ出来はじめていた頃です)、野菜、魚、肉、と食材はそれぞれ専門店に買いに行くのが一般的でした。

豆腐(リヤカー)、パン(ロバが屋台を曳いて)、アイスクリン(自転車)、ワラビ餅(自転車)、紙芝居(自転車)、みんな行商で回ってきてました。

醤油や蜂蜜の業者も定期的に回ってきてまして、空いた醤油のビン等も幾らかで買い取りしてくれていたようです。恥ずかしながら私、冷蔵庫用の氷まで配達してくれているのを見た記憶もあるのです(どんな時代ヤ!)。作り付け家具的な内側をブリキ版で覆っただけの ガタンッと金属ハンドルがレトロでかっこいい木製の冷蔵庫。電機はつながっていない単なる箱の冷蔵庫なんですが、排水がどうなっていたのかは今となっては定かではありません。穴の開いた鍋を治すイカケヤさん、骨の折れた傘をアッという間に直す人、職人さんも回ってきてました。


みんな一生懸命生きていたんですネ~。

こんな時代の僅か数年後の初回東京オリンピックだったわけですが、2020年の第2回・東京オリンピックには果たしてどんな時代になっているのでしょうか・・・・・・



Tシャツ 
poly_1.jpg   P9030059_1.jpg


ここ数年で急に、ポリエステル100%とかポリエステル&ナイロン等混合の化学繊維製Tシャツを多く見かけるようになりました。

たしかに、汗をかいてもすぐ乾き、ベトッとした感じにならないので夏場には快適な素材です。軽くてシワも付きにくく、適度なフィット感もあって、特にスポーツ・シーンにおいては最適な素材なのでしょう。


でもコレ、実に脆いですネー。特に、ベルクロテープは天敵です。バイクのグラブや携帯ケースのベルクロにホントよくひっかけます。犬に飛びつかれてもイッパツですネー。

新しく下ろしたばかりのTシャツに即日ホツレを作ってしまったりすると、やはり少し凹みます。
やはりTシャツは、綿100が気を使わなくて良いですネー。


マキタのラジオ 
P7050042.jpg


大工さんが持ってきていたラジオです。

ふと見ると、な、なんと、マキタ~!?


電動工具と同じ充電池で使えるラジオだそうで、現場の人たちの間では、ごくごく定番的な商品のようです。

門外だと知らないことっていっぱいありますネー。


iPod/iPhone対応のドック搭載モデルもあるようです。

釈尊Ⅳ 
shakuson1_2.jpg


お釈迦様の教えの第4弾、“八正道(はっしょうどう)”

人生は苦であるという真理その苦には全て原因があるという真理、そして苦の原因である煩悩の消滅こそが悟りであるという真理、さらにその悟りに到る為の修行方法に関する真理」、いわゆる“苦諦(くたい)”、“集諦(じったい)”、“滅諦(めったい)”、“道諦(どうたい)”、この4つをもって“四諦(したい=四つの真理)”と言いますが、その内の“道諦(どうたい・悟りに到る為の修行方法に関する真理)”に“八正道”があります。

つまり、悟りに到るには、苦の原因である煩悩を消滅させることが必要ですが、無理に執着を断ち切ろうとすると、かえってそれにとらわれすぎて苦しみを増大させてしまうこともありうるので、本当に苦を滅する為には徒(いたづら)に苦から逃れようとするのではなく、次の八つの道を実行しなさいとお釈迦様は説かれました。

それが“八正道!

1. 正見 ( しょうけん ) = 正しく物事を見ること
2. 正思惟 ( しょうしゆい ) = 正しく考えること
3. 正語 ( しょうご ) = 正しい思いの言葉で話すこと 嘘・二枚舌・悪口・綺語を慎むこと
4. 正業 ( しょうごう ) = 正しいカルマ(業)を積む行いをすること  殺生・偸盗・邪淫の禁止
5. 正命 ( しょうみょう ) = 正しい生活を送り、正しい生計を立てること
6. 正精進 ( しょうしょうじん ) = 正しい努力を重ねること
7. 正念 ( しょうねん ) = 自己本位で勝手な思い込みをせず、正しい自覚を持つこと 
8. 正定 ( しょうじょう ) = 平常心を持ち、客観的に自分を見つめて、正しく心を決定させ、利他行(人のために生きること)に励むこと
 

言われているのはどれもごく当たり前のことばかりなのですが、これを全て日々実行するとなると凡夫にはチョット厳しいかも・・・・・・





泣く子と会社には勝てません 
P7050040.jpg


う~ん、面白い!


ささやかなる抵抗か・・・?



..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。