スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年毎年 




毎年溜まって行く一方の狂犬病予防注射済証。
愛媛県、今年は赤色のアルミ製・鑑札風。毎年毎年色が変わるだけで、恐らくここ何十年と変わっていません(それにこのゴシック、楷書、古印体風と、3書体も混合しているのがどうも気にかかる・・・何故???)。

一応建前上、鑑札やこの注射済票は愛犬への着用が義務づけられているようですが(一体2つもどこに付けるんじゃい)、まず付けてるワンコに出会ったことはありません。

穴に糸でも通して首輪に付けてもすぐに切れそうだし、針金で付けるには取れた場合が心配です。そもそも本体のアルミ板自体、犬によっては呑み込みかねません。

こんな使い勝手の悪い、実用性の薄い品物を、改善しようともせずに毎年せっせと注文し続けている責任機関は一体どこなのだろう? 県か市か、本気でアンタ等仕事してると言えるのかい?

ベルクロかベルトループ式のホルダーにでもして、そこに注射済票を入れ首輪に付けて迷い札代わりにするとか、いくらでも工夫は出来ると思うのですが、一向に新しくチャレンジする気はないみたい・・・・・・

こういう使えないものに(交通安全協会から貰う地図とか免許証入れもそうだナア)、毎年毎年高い注射代の一部が使われているかと思うと、なんだか納得できないなア。


蓮舫さん、こいつも仕分けしてください
 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/99-51fd0393
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。