スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尖閣・中国漁船衝突映像 
senkaku.jpg
 
ここ二月弱の間ずっと何かと話題になっていました例の尖閣諸島沖・中国漁船と海上保安庁の巡視船衝突事件(9月7日)、当初から海上保安庁側が撮った2時間あまりもの(複数の巡視船が記録撮影していたので合計すると10時間以上に及ぶらしい)克明なビデオ映像が残っていると言われていたにもかかわらず何故か一向に公開されなかったのですが、今月5日未明ついに、あろうことかYouTubeで(6本に分けて合計で44分)全世界に公開されてしまいました!!

このリアルな映像を見ていると、私、無性に腹が立つというか、自分が“日本人”であること自体が恥ずかしいとさえ思えてきます。一体いつから、日本人はこんな情けない民族に成り下がってしまったのだろう!? 

衝突事件? 一旦逮捕していた中国船船長を釈放した後も中国は対日制裁は解かず、逆に巡視船側が中国漁船に衝突したとして謝罪と賠償まで要求するという無茶ぶりを発揮していましたが、この映像で全てが明らかになりました。衝突事故などという生半可なものではないじゃないですか! 明らかに故意による中国漁船の体当たり。しかもチェイス劇の末、2度も!! 巡視船はマニュアル通り、日本語と中国語で丁寧に警告をしています。それも、検問するから停船しろというものではなく、日本の領海内だから速やかに退去しなさいという、穏やか過ぎる位な警告です。それを中国漁船は警告している“よなくに”に向けて明らかに船首を回し速度を上げぶつけてきました。完全な故意の当て逃げです。また、40分後には、追跡中の“みずき”に向けて舵を左に切り体当たりしています。

本来なら、再三警告している相手が船首を回し向かってきた時点で、撃沈とまではいかなくても、威嚇砲射位はしても当たり前な場面ではないかと思うのですが・・・・・・ それと、これほどの現場に居合わせながら、記録撮影している者のあまりにも緊張感のない口調にも正直驚きました。国境警備の警官がこんなで、本当に日本の海防は大丈夫なのでしょうか。もしこれが、漁船に偽装した本気の軍船で、しかも数十隻単位だったとしたら? 等と思うと少しゾッとしないでもありません。


これほど完璧な、誰が見ても言い逃れようのない証拠映像がありながら、なぜ日本政府はすぐに公開しなかったのか? そして何故逮捕していた中国船船長を釈放し、証拠品である漁船まで返還してしまったのか!? 本当に不思議でなりません。

国家機密ともいえるこの映像が流出したことに関して、政府は“非常に危機感を感じる(菅直人・談)”として、今日にも国家公務員守秘義務違反も視野に入れての徹底調査を始めるそうです。石垣海保か、那覇地検、或いは官邸ルートの政治家筋からか、そんなことは今更どうでもいいよ。内部告発もできなくなったら、この世は闇よ! 私個人としては、こんなバカで腑抜けた弱腰外交しかできない現政権にこそ危機感を感じます!! 


それにしても この政権、ホントにケンカの仕方がヘタ過ぎです! 一旦、船長を逮捕して送検したからには、最後まで腹をくくらないといけなかったんだ。 そこまでの根性がないのなら、逮捕して強制送還・弁償請求、位で済ませておかないといけません。これじゃー、自分でケンカをしかけておいて、相手の剣幕に驚いて、ケンカはおろかこちらの正当な主張すらせずに、へいこら勘弁してくれ助けてくれと拝み倒しているのと同じじゃないか。恰好悪過ぎるヨ! 国際的にも地に落としてしまった信用&イメージを回復するにはもはや現政権の交代位しかないようにも思うのですが、自分の致命的なミスは棚に上げ、どうせまた、映像をYouTubeに投稿した犯人(?)捜しの方に地道を上げるのでしょうね

ホント、この国はどこまで堕ちていくのだろう。
 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/49-83876709
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。