スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリの散歩道 
figureskating1_1.jpg

ソチ五輪フィギュアスケート男子の部で、見事日本代表の羽生結弦(ゆづる・19)選手が金メダルを獲得しました。日本人・フィギュア男子としては初めての快挙です。

SP(ショートプログラム)で世界初の100点越えという高得点を出して、2位以下を大きくリードしていたおかげもあって、フリーの演技で転倒等2、3目立ったミスを犯してしまったにも拘らず、なんとか彼の手に金メダルが転がり込んできた感じです。後を追う選手陣もなぜかチャンスを前にして次々と似たようなミスを連発するというツキにも恵まれました。今回のオリンピックでは不思議な運が彼に働いていたようです。

開始早々の4回転ジャンプの着地に失敗して後に大きく吹っ飛んだ転倒も、4回転ちゃんと回った後での転倒ということで、4回転ジャンプそのものには減点されず、加点された上での単なる転倒と判断されあまり大きな減点にはならなかったのも幸いしました。個人的には、こういう採点基準にいささかの疑問もありますが、以前は難しい技に挑戦した選手の方が不利になった例も多かったので、いろいろ考えた上での今の採点基準なのでしょう。私は、パトリック・チャン選手(カナダ)の完成された表現力の美しさに魅了されました。今回優勝できた羽生選手ですが、表現度の面ではまだまだ他の選手たちに学ぶべきところも多いのかなあ~、というのが率直な感想でした。



話は少し脱線しますが、羽生結弦がSPで使用している楽曲“パリの散歩道”の人気が急上昇しているのだそうです。

私たち世代には特に懐かしい曲ですが、この“パリの散歩道”は、北アイルランド出身の天才ロックギタリスト、ゲイリー・ムーア(1952~2011年)の代表曲、1978年のアルバム「バック・オン・ザ・ストリーツ」に収録され、シングルとして全英トップ10入りした曲でした。

今月6日(現地時間)の団体SPで彼が演技を披露した後、“パリの散歩道”の配信数が急伸。12日に発表された洋楽ロックの週間ランキング(2月5~11日)でも1位となり、演奏者ゲイリー・ムーアの閲覧数も通常の約600倍に膨れ上がったとか。2、3年前にすでに他界しているゲイリー・ムーアですが、さぞかし彼も草葉の陰でビックリしていることでしょう。



 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/448-a88676fb
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。