スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久し振りのドカ雪 
P2080021.jpg

雪が2日続きで降ったせいか、今朝はやけに小鳥の姿が沢山目立ちました。ムクドリ、ツグミ、セキレイ、と、あらゆる種類の鳥たちが一斉に活動している感じです。雪解け水で水温も随分冷たかろうと思うのですが、水鳥たちも河中央の三角州に集まっています。2日間餌も食べれないで、ジッと寒さを耐え忍んでいたのでしょう。


ドカ雪といっても所詮愛媛のことですから、北国の人から見ればこれを大雪とはとんだお笑いグサなのでしょうが、慣れていない分応えます。


昨日は“着雪注意報”が出ていたので、大事をとって工房のカーポートに積もった雪を半分ほど雪下ろししてやってから山を下りました。数年前、この“着雪注意報”の怖さを知らなかったためにカーポートを潰し、下の車にまで被害を受けた苦い経験があります。サラサラの新雪と比べ、雪はその状態によって重さが10倍以上になることもあるそうで、1立方メートルでいうとサラサラの雪で50㎏~150㎏、水分を多く含んだザラメの雪になると150㎏~500kg。また、これを解かそうと、もし水やお湯をかけようものなら、雪の結晶の余った空気層にさらに水分が加わり、最悪1tもの重さになってしまうのだそうです。昨日夕方の時点では積雪15cmでしたが、まだ少し雪も舞っていて、カーポートの積雪限度が20cm迄とはいうものの、普通の雪ではないので、大急ぎで梯子に上り手の届く範囲だけでも雪を掻き下ろしてから帰宅した次第です。

今日工房に行くと積雪は22、3㎝に増えていました(道路の雪が融けるのを見計らい午後から行ったのですが)。雪下ろしをしておいてよかったです。なんとかぎりぎりカーポートは持ちこたえていてくれました。


庭にはイノシシの足跡がクッキリと・・・・・・大きいのと小さいのと2体分、どうやら親子で散策して帰った模様です。


PS: 伊予路に春を呼ぶ祭り“椿さん”もこの大雪で例年の3割減の人出だったみたいです。



 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/446-0334eb90
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。