スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャプテン・フィリップス 
キャプテン・フィリップ

久しぶりの映画ネタとなります。
私が住んでいる今治市は人口16万超・愛媛県下では松山市に次ぐ第2の街なのですが、ショッピングモールにあったシネマコンプレックス系の映画館が数か月前に撤退してからは街に単館映画館が1つだけという寂しい状況になっておりました。ところが、去年の11月末にユナイテッド・シネマが前あったシネコン施設をそのまま再利用してまたまたオープンしたのです。フジグランを運営しているフジからの要請で運営受託という形らしいです。

これは年末に観た映画ですが、トム・ハンクス主演の“キャプテン・フィリップス”。
2009年にソマリア海域で実際に起きた“マースク・アラバマ号”乗っ取り事件を題材として、海賊に拉致されたコンテナ船船長を名優トム・ハンクスが演じています。20名のクルーの身の安全と引き換えに4日間にわたって海賊に一人拉致された船長の運命と恐怖、そしてアメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズによる救出作戦を、緊張感あふれる演出で実にリアルに描いています。

原作は、当の船長リチャード・フィリップス自身が書いたノンフィクションですが、
生きていくために決死の覚悟で海賊となった漁村出身の若者たちの背景にも、実は腐った元ソマリア軍閥の影がチラついていたり、小さな漁船に乗った僅か4人の武器を所持した海賊に、武装していなかった巨大タンカー・アラバマ号があっという間に占拠されてしまうという現実、いろいろと考えさせられることの多い映画でした。

ソマリアを沿岸警備隊も持てないほどの破綻国家にし、以前は外国人による乱獲、今は世界中のあらゆる産業廃棄物や化学廃棄物、さらには放射性廃棄物の捨て場として、ソマリアの海を死の海ともいえる壊滅状態にして現地の漁民から取り上げた真の原因に、実はアメリカやヨーロッパ、我々アジアの各国も深く関わっているのだというところまでは言及されていないのが不公平といえば不公平ですが、娯楽性という側面も持たさなければいけない映画としてはまあこの辺が限度だったのでしょう。

オマーンのサラーサ港からモンバサ(ケニア南東にある東アフリカ地域最大の国際貿易港)に向かうアラバマ号の積荷にはアフリカへの支援食糧も含まれていたというのが少し皮肉でもありました。


 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/440-1a66edab
松山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。