スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
訃報 
小、中、高と、ずっと同級生だった友人の訃報を喪中ハガキで知りました。

3月に会ってから、“しばらく音沙汰ないなー、こちらから連絡とってみようか”と思っていた矢先のことでした。ハガキによると、6月に入ってすぐにもう彼は亡くなってしまっていて、半年近くになるのに不覚にも私全然知りませんでした。

持病に腰痛は持っていましたが、他にはこれといって悪い病気を抱えているようには聞いたこともなかったので、もしかしたら事故か何かだったのか・・・すぐに家まで駈け付けて、奥さんから詳しい事情をを聞きました。死因は想像もしなかった“心筋梗塞”。よく耳にする病名ではあるのだけど、詳しくは、心臓に栄養を運ぶ冠動脈が閉塞や狭窄などを起こして血液の流量が下がり、心筋が虚血状態になって壊死してしまう病気らしい。発作を起こしたその日のうちに亡くなったのだそうです。心臓に問題があるとは聞いたこともなかったし、タバコも2、3年前から止めていたらしいのに・・・・・・

人一倍バイタリティーのあった奴で、彼の3分の1でも私にそのバイタリティーがあったらなー、といつも羨ましく思っておりました。本当に信じられない思いで一杯です。喪中ハガキを受け取ったその夜、夢の中で彼から電話がかかってきて、“もうそっちの世界に行ってしまったのか”“ウン”・・・と少しばかり話しました。

考えてみると、人間の一生なんて儚いものです。誰だって、一寸先には何が起こるかわかりません。我々は、死ぬ時が来るまで、ただ生きていくしかないのでしょうねー。焼き物や茶碗の話ができる唯一の同級生でもあっただけに、大変残念でショックです。それにしても、早すぎるなあー。





 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/413-06290613
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。