スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九重“夢”大吊橋 
IMGP0069_2.jpg

小鹿田から日田へ引き返し高速に乗って九重(ここのえ)へ、玖珠群九重町には九重“夢”大吊橋という歩行者専用の吊り橋があります。高さ173m(下の鳴子川水面より)、長さ390m、日本一の高さと長さを誇る歩行者専用橋です。・・・という触れ込みで、細い山道をクネクネ対向車に気を付けながら訪ねたのですが・・・・・・“しまなみ海道(大橋)”の拠点地・今治から来た私たちの目には、別段それほどの大吊橋には見えなくて、少しガッカリしたかなというのが本音でしょうか。とは言っても、橋からは、日本の滝百選にも選ばれている震動の滝や、紅葉で有名な九酔渓(鳴子川渓谷)の雄大な景色を見ることができます。大型観光バスも次から次と私たちが来た道とは反対の阿蘇方面から入ってきていて結構混雑していました。ここも別府と同じく東南アジアからの観光客が一杯で目立ちました。


1956年に地元商店会の寄り合いで一人の若い会員がつぶやいた“谷に橋をかけりゃ滝も紅葉もきれいに見えるぞ”との発言、その時は長老たちから“何寝ぼけてる、誰が金を出すのか!?”と一蹴された夢のような意見が、1993年に至り町の観光振興計画に盛り込まれます。丁度50年の時を経て2006年の10月30日に開通したので“夢”大吊橋と命名されたのだそうです。


IMGP0070_1.jpg   IMGP0787_1.jpg

鬼丸の視力が悪くなっているのか、薄暗くなると車からなかなか飛び降りようとしないのでその頑固さに少し手こずったこともありましたが、三匹の犬を連れて無事なんとか遠出が出来ました。背景画像は玖珠山かな?この日から天気は下り模様、今にも雨が降る出しそうだったのですが、この写真を撮る時だけは一瞬 山が姿を現してくれました。帰りのやまなみハイウエーでも由布岳の前を通りかかった時だけは晴れました。山々が私たちを祝福してくれているようです。紅葉には少しばかり早過ぎたのが残念といえば残念でしたが、まあまあ色々な意味で恵まれた良い旅行が出来ました。紅葉狩りはまた、近場で済ますことに致しましょう。

 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/408-b9fbed5b
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。