スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
要らぬ一言 
barbar


散髪に行ってきました。

若い時はこれでも、長髪、ソフトモヒカン、ツンツン頭、後頭部に模様の剃り込みを入れたヤツ、等・・・色々とエキセントリックな髪型にも挑戦してました。

でも、ここ最近は(髪にもコシがなくなって)ずっと 10年位私の注文は決まっています。

“サイドとバックは0,5㎜、天と前はスポーツ刈りをキチッとしないで自然な感じで ー でもあまり長くならないように短めで”

スポーツ刈りを自然な感じで、しかも短めに!? なんだかわけの分らない支離滅裂な注文ですが、ニュアンスだけはどうにか感じて頂けるみたいです(難しいこと言う客じゃ、まっ、適当にやっておこうー、てな感じでしょうか)。

で、先日は、この注文をいつになくセンス良く理解してくれたみたいで、着々と私の思い描くイメージほぼ100%に近い形で頭は出来上がっていたのです。こんなに満足できることはめったにないことです。

で、“今日のは、なかなかイイゾームフフ”と、思っていた矢先、ちょっと野球の話題になりまして、「お客さん、野球はどこのファンですか?」、(私)「野球、あんまり詳しくないんですよ」、「アッ、サッカーの方ですか」、(私)「いえ、サッカーもあまり・・・どちらかというと格闘技系の方かな」、この一言がマズかった。私が言い終わるか終わらないかの内に間髪入れず、「っ、僕もプロレス大好きなんですよー!!!」、トーンが明らかに今までと少し違います。

散髪の方は、もう限りなく出来上がりに近かったと思うんです。でも、もっと私と楽しいプロレスの話を共有したかったのか、また、髪をチョキチョキ整え始めだしました。(私、別にプロレスは好きじゃないんですが・・・)

怖いことに、相当なプロレスファンみたいで、今治といわず、西条、新居浜、近隣に興行が来ると、友達を誘ってよく出かけるのだそうです。「マイクロバスみたいなので選手が乗り合わせて会場入りするのですが、さすが長州()は一人後からごっつい車で来たんですよー。側に近寄りたかったけど、サスガに怖くて行けませんでした」ポッと顔を赤らめながら話すんです。(ファンどころかどうやらオタク系が入ってるみたいです ー アンタの方が怖いワ!)

チョキチョキ、チョキチョキ、さっきまでの2倍位時間かかってるんちゃーうかなあ。少しずつ少しずつチョキチョキ鋏を入れながら時々鏡越しに私の目を見ながら嬉々としてプロレスの話をするのです。(も1度言います、私、別にプロレス好きじゃないんですが・・・

話し出すと話に夢中で手が止まってしまう職人というのも或る意味考えものですが、この時ばかりは止まって欲しかった(T_T)

せっかく珍しくちょうどイイ具合に出来上がってたのに、そんなに整えてどうすんじゃい!


案の定・・・・・・自然な感じない短めの普通のスポーツ刈になっていました。

 
散髪屋 
私の近所の散髪屋は、10件位が林立しています。ほぼ全員20歳代の若者がやってくれます。すべて雇われの理容師と思われます。所要時間は15分位ですので、ほとんど話もしません。頭を小突くように動かされるのが難点です。料金も15元と非常に安いです。
 
>栗栖さま
日本円にして約200円、価値感覚でいうと1200円っていうとこですか。マアマアですね。洗髪とか髭剃りも付いてるの?

頭を小突くように動かされる→なんとなく想像できるのが可笑しいです。

反日騒動そちらは大丈夫? もう日本に帰っておいで。道場の世話、もう大変ですv-12

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/40-1d83b6ab
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。