スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レンジで魚が焼ける皿 
IMGP0147.jpg

レンジで魚が焼ける皿。

何のことはない、要は耐火土で作っただけのプレートで、電子レンジのマイクロ波で皿自体を焼いて高温にし、その土から出る遠赤外線によって焼き上げる、という原理なのでしょう。マイクロ波は使いませんが石焼イモと一緒です。これはフタ付きのタイプ、うっすらコゲ目も入ります。

鍋土を使えばウチでも簡単に作れそうなのですが、1,000円ほどで売っているのでツイツイ買ってしまいました。これは機械モノの方が優れている、というモノも中にはやはりありますから。 耐火度とか耐久性(何百回の使用に耐える)、ちゃんと工場検査データもとっているでしょうから。

フタをすると、食材に含まれている水分によって少し蒸し効果もあるようで、メザシやシシャモはコンロで焼いたのに比べ少し柔らか味も出て美味しいようです。サケに関しては少しパサツキ感があって、私個人の好みではやはりコンロで焼いた方に軍配が上がるでしょうか。


でも、ガスコンロのグリルだと殆どつきっきり状態で、少しでも目を離すとすぐに黒焦げになっていたりしたのに比べると格段に楽になったと、女房には好評なようです。
料理は手間隙を惜しんではいけません、ブツブツ・・・)

 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/387-c0e436bc
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。