スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋彼岸 
higan_1.jpg

今日は秋彼岸の中日(ちゅうにち)、秋分の日です。“なかび”と読んでいるアナウンサーもいましたが、最近はこうした簡単な読み違いやテロップの誤字が非常に目立ち困ったものです。

秋分を中日として、その前後3日間を合わせた七日間が“秋のお彼岸”です。“秋分”- 太陽は真東から昇って真西に沈み、丁度正午に太陽が天頂を通過します。昼夜の長さがほぼ同じになって“陰陽の中分”とも捉えられているようで、やはり特別な日と考えられていたのでしょう。太陽の運行からきているので、これは新暦の方が分かりやすくていいです。旧暦では、旧暦の8月中ということで、日にちは年毎にコロコロ変わっているみたいです。とにかく1年も早や4分の3が終わってしまった計算です。


彼岸の入りの金曜日に墓参りは済ませましたが、先日の台風18号の影響か、結構落ち葉が吹き溜まっていたりして周りも荒れていました。しかも夕方行ったので薮蚊が相当出ていて、虫除けスプレーを吹き付けていたにもかかわらず結構刺されてしまいました。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、よく言ったもので、あのウソのように暑かった今年の猛暑でしたが、日ごとに過ごしやすくなっています・・・・・・



ちなみに俳句では、“彼岸”“中日”は春の季語、“秋彼岸”“彼岸花”が秋の季語となっているようです


 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/386-e89d6249
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。