スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台風18号 
t18_togetu_1.jpg 画像:MSNニュースより

15,16日と、この3連休中に今年初めて日本列島本土を直撃した台風18号、京都・滋賀・福井を中心に大きな被害をもたらしました。特にこの3県には今回、“大雨特別警報”という聞きなれない警報が出されていました。

“特別警報”とは、数10年に1度あるかないかの異常気象による被害から直ちに命を守る行動を勧告する最終段階の警報なのだそうですが、例えば雨量でも、その基準はそれぞれの地域地域で設定がかなり違うらしく、2日間の雨量と土壌に含んだ降水量(土壌雨量指数)と、3時間の雨量と土壌に含んだ降水量との 長期と短期2種類があるらしいのです。今回は3県とも1時間当たりの雨量は多くても30ミリ程度でさほどでもなかったのですが、長期の総雨量水が“大雨特別警報”を出す基準を満たしていたらしいのです。

特別警報の発表は、先月30日の運用開始以来、今回これが初めての発令となりました。大津市で300ミリ、京都市で280ミリ、福井県小浜市で333.5ミリ、と、それぞれ平年の9月1カ月分の雨量を大きく上回っていたそうです。

日本海から若狭湾の海温が高かったために上空に積乱雲が発生して、大雨を降らせたらしいです。


懐かしい嵐山の渡月橋が殆ど川に浸かっている光景をニュースでみてビックリしました。私、京都には若かりし頃11年間住んでおりましたが、私の記憶には全然無かったことですし、過去聞いたこともなかったです。大体、京都は自然現象から最も安全ということで選ばれた千年の王都ですから

日本を代表する観光名所を濁流が襲い、一帯の旅館、商店、民家などが浸水しました。これから丁度行楽のシーズン、今週末にはまたお彼岸の連休もやってきますので、随分な痛手でしょうが、たくましい京都人のことですから、ビックリするほど早い復旧を見せてくれることでしょう・・・・・・


17日未明、台風は北海道・東海上で温帯低気圧に変わりましたが、この3県にとどまらず、東海3県に和歌山、埼玉や群馬の関東一帯、そして東北、と正に日本列島を縦断するように大きな爪跡を残しました。

この夏の異常気温といい、今月初めの埼玉県越谷での大竜巻といい、今までの日本ではあまりなかったような異常気象が頻繁に勃発しています。日本の気候も少しずつ変わってきているようです






 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/383-69a2aab5
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。