スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒューズ切れ 
IMGP0130.jpg   IMGP0131_1.jpg

先日CD125Tベンリー号()で夜道を走っていると、急にライトやメータランプが暗目になり、ウィンカーの点滅も不安定になって、長い信号待ちで止まっていると、点灯のみで点滅しなくなりました。アクセルを吹かすと、ライトは余計に暗くなり、ウィンカーの点滅も止まりそうになります。

これがバッテリーの不調ですと、アクセルを吹かすと普通はライトが明るくなります。このときの症状はまさにその逆!“アチャー、これはレギュレーターの可能性が高いゾ!”と、高い治療代が一瞬脳裏に浮かび、少しブルーになりました。

レギュレーターというのは、エンジンの回転数が上がりすぎたときに、過剰な電圧がバッテリーや電装品にいかないように電圧を制限する装置です。ここが故障するとバッテリーがあがりやすくなったり、ランプ球類の球切れが頻発するようになります。


翌日サイドカバーを外し、先ずはバッテリーをチェックしていましたが、若しかして?、と何となく感が働き、横のヒューズホルダーを開いてみると、予感的中! 案の定、菅ヒューズの板状ヒューズが見事真ん中から切れておりました。現在のようなプラスチック一体型の平型ヒューズはショートする程のよほどのトラブルでもない限りめったに切れることはないですが、古いバイクで使われていたこの手のガラス管ヒューズでは振動などが原因で自然に切れてしまうことがよくあります。

ヒューズを新しいもの(板ヒューズが針金状に進化しています)に交換し、キー・オンして試してみると見事解決!アクセルをいくら吹かしても、ライトが暗くなったりウインカーの点滅が遅くなったりはしません。切れたヒューズの折れ口をルーペで見ても焼け焦げたような跡もなく、心配していたレギュレーターや発電機にはどうやら異常はないようです。ランプ類の変調はヒューズ単体が折れる寸前の最後の訴えだったみたいです

案ずるより生むが易し、さすがはベンリー元実用車! 故障し難いよう なかなか丈夫に出来ているようです。




 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/379-0b3552ab
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。