スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
立秋・・・!? 
立秋となった今日7日ですが、高知県四万十市では最高気温38.6度を記録、甲府市でそれに続く38.5度、愛媛県愛南町が37.8度、岐阜県多治見市と宮崎市は37.5度など(沖縄県南城市は36.1度)、全国の108地点で35度以上という超猛暑日となりました。観測点927のうち697地点が30度以上の真夏日で、今夏最多だったそうです。

気象庁によると、北陸から九州にかけて太平洋高気圧にスッポリ覆われているので、今後も2週間程度は気温の高い状態がこのまま続くそうで、局所的な雨以外は降りそうもなく、水不足の心配も出始めています。


二十四節気は古代中国の気候に基づくため、日本の季節感とは必ずしも一致しないようなのですが、本場の中国本国でも、今年は連日40度を越すような猛暑日が続いているようで、車のオーバーヒート炎上やタイヤの破裂事故などが連日ニュースで取り上げられてる様子。二十四節気も少しずらして考えてみるべき時期になっているのかもしれません。
 
 
そうなんですよ。ここ蘇州でも40℃を超す日が何日かあり、私は排水処理管理を任されていて屋外での仕事が多いんです。十分気を付けたいと思います。
>栗栖さま 
本当に暑い日が続きます。

確か日本の最高記録温度が、数年前・熊谷での40,9℃だったと思うのですが、もうこのレベルになってくると1℃違うだけで熱中症で倒れる人の数も飛躍的に膨らんでくるのでしょうね。

外での仕事、気をつけてください。温かい飲み物で水分補給がいいらしいですよ。

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/362-093c457c
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。