スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【L-2B・M(モディファイド)】 
l2b_m.jpg     l2b_flap_8_convert_20101006153133.jpg



つい半月ほど前にはあれほど猛暑の連続でしたのに、ここ1週間、大分涼しくなりました。夜なんかはもう短パンじゃあ寒いです。

今みたいな季節大変重宝するのがコレ、L-2B・フライトジャケット。

1945年に誕生した米空軍の夏用フライトジャケットL-2(オリーブ・ドラブ)がエアーフォースブルーのL-2Aに改められ、L-2シリーズ第3番目のモデルとして1950年代中期より支給されました。その後数多くのモデルチェンジを重ね1970年代にCWU36/Pが後継として採用されるまで、長期にわたって採用されたライトゾーン(気温域10℃~30℃)用フライトジャケットの決定版です。エポレットやストームフラップのない最後期型は1980年代まで支給されています。

簡単に説明しますと、あの有名なMA-1から中綿を取ったバージョンなのですが、エポレット(肩章)が付いていたり、裾に三角形のスナップボタンフラップが付いていたり(最後期型はエポレットやストームフラップがありません)と、細かいディテールには少し違いがあります。

私のL-2Bはアルファ社とサルベージのコラボした【L-2B・M(モディファイド)】
どこがモディファイドかといいますと、オキシジェン・タブ(胸にある長方形のタブ=ボックスタブ:酸素ホースのクリップを取り付けるためのもの)のある初期型からあえてエポレットを外し、裾をリブ仕様ではなく、切り放しタイプにした珍しいものです。この季節、軽く羽織るだけですので、この切り放しタイプが結構気に入っています。固めのシェルナイロンなので、スウェットと合わせれば初冬位までは充分しのげます。

少し詳しいヒトから見ると、“アレッ、後期タイプ?初期タイプ?どっち?”、で、もっとよくよく見ると
“裾リブが無い! 若しかしてなんちゃってL-2???”

てな、面白さもあるんですね~
 
 
昨日、常熟服飾センターに服を買いに行きました。ここは数え切れない程の小さな店舗が集まる国家級の買い物施設とされています。ほとんどの店が1種類の服につき3つのサイズをまとめて買うとかなり安く買うことができます。私は、子供服のエリアしか見ませんでした。今度行ったときには、偽ブランドの紳士服売り場でなんちゃってバーバリーを見つけようと思っています。
 
>栗栖さま
>1種類の服につき3つのサイズをまとめて買うとかなり安く買うことができます

なんか意味がよく分りませんが、そんな買い方する人がいるっていうことですか?
常熟市は同じ江蘇省みたいだけど、家から遠いの?

赤ちゃん、大きくなっているんでしょうね。
 
卸売りをしているという事です。本当の小売店や中国でよく見かける、無許可の露天販売をする人達がよく利用するらしいです。私達は近所の子供を持つ人達と分け合いながら買いました。家から高速を通って40分程です。
先ほど電話があり、今夜、馬さんがうちに遊びに来ます。今、杭州を旅行中だそうです。
 
>栗栖さま
そういうことですか、納得です。(考えもしなかった、商売人の才能0だなあ)
久保さんが生きていたら、商売を兼ねて訪ねて行ったかも知れないですねえ。

今日は各支部合同ミーティング第1回目の日なので、これから道場に行って来ます。
師父は貧乏で当分旅行にも行けない ー と、馬さんによろしく伝えてください。
 
峠のヨッサン、栗栖様おはようございます。

ヨッサン、素敵なフライトジャケットですね。。。

中国の方は、買い物上手ですね。。。

では、また。       by caminos


秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/36-33bc615c
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。