スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デッキ修理 
P7190053.jpg


展示場の入口デッキ部分が相当老朽化してきていたので、地元の工務店に頼んでリフォームしました。

この小さな丸太小屋の展示場も、作ってからもう四半世紀が来ようとしています。あちこちと痛んできて、特に直接雨が当たって損傷の激しいデッキ部は前にも一度補修したことがあったのですが、今回は床板を根太も含めゴッソリと新しいものと交換することにしました。階段にいたってはもうこれで三度目です。

最近は材料に防腐・防カビ・防虫剤を加圧注入するという、外部材専用の防腐加工技術も進んできているようなので、その防腐加工木材を使ってもらうようお願いしました。愛媛県にはまだこの処理ができる施設が内子町の小田という所の一箇所しかないのだそうです。

根太は6cm厚、床板は3cm厚のヒノキ材、大体がピアノを置く部屋仕様と同じ厚みの材料を使ってくれたそうで、これなら雨ざらしでも25年は保()つだろうとのことですが、“猫に小判”の感が若干しないでもありません。


防腐加工処理をした上に、職人さんがキシラデコール(オリーブ)という防腐塗料を一度塗りしてくれていましたが、できれば二度、三度塗りした方が良いというので、私が後二回は塗り足して、大分濃い目の色合いになっています。

ついでに、前回補修した手すりの丸太部分もタワシでゴシゴシとキレイに水洗いした後、余った塗料で二度塗りしてやりました。

この勢いで、本体のログハウスの方もマホガニーのキシラデコールで再塗装してやろうと思っていた矢先、ちょっと右腕を負傷してしまうというアクシデントがあって、暫くは計画延期となってしまいました。まあ、デッキの部分だけでも終了できてよかったと一安心しています。

 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/356-290f10a0
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。