スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラック・ジャケット 
最近、冠婚葬祭に出席する機会が急に多くなりました。
といっても、殆どが葬儀とそれに付随した法要等の方なのですが・・・
私もそろそろ そういう年齢になってきたということなのでしょう。


葬儀は合い物の礼服に冬用のコートでもあれば、なんとかオールシーズン間に合うのですが、
困るのがこれから夏にかけての 各家ですることの多い法要です。さすがに四十九日などは、やはりまだ礼服を着用することが多いですし、三回忌になるともう、そんなに派手なものでなければ、平装に近いカジュアルなものでもいいと思うのですが、一番悩むのはお呼ばれでの一周忌。

こんな時、夏物のブラック・ジャケットが一着あれば便利と思いつき、少し以前から折あれば気にかけて捜しています。でも、なかなか見つからないんですよね、これが。一昔前には“ブラック・ジャケット”といえば定番中の定番みたいな時期もあったと思うのですが、今は黒というと礼服ぐらいで、不思議なほど無いのです。めっちゃ種類の多いネイビーに比べると下に着るシャツの色なんかも格段に選択肢が広がって合わせやすい色味だと思うのですが・・・本当に不思議です。

久しぶりに見るスーツやジャケットたちは、いつのまにかフロント・ダーツで絞って細目になっているのが多く、丈が短く袖丈は反対に幾分長めになってきている様子。ラペル()もミドルゴージから段々とハイゴージになって肩の線と平行に近い位のものまで増えているようです。

私はどちらかというとストレートなトラッドタイプが好きなのですが、昔あったメンズショップは今はなく、この町に唯一あったデパートまで数年前に撤退しましたので、もはや扱っている店自体がないんです。新居浜や松山にも足を延ばして捜してはみましたが、やはり閉店しているショップが多く、なかなか見つかりません。知らず知らずのうちに、時代が変わっているんですねー。


それにしても、無いなあ~“ブラック・ジャケット”! 田舎だからかな、都会に行けばあるのかな!?


 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/324-ee7e337c
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。