スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“ひょうたん池”のおでん 
hyoutan_ike.jpg

先日ご紹介しました西条市中山川沿い石田地区の瓢箪池、花見時期限定のここの“おでん”が旨い!とあちこちで評判を聞くものですから、試しに行ってみようじゃないかということになりました。

場所だけはずっと以前から知っていましたが、来たのは初めて。近隣の花見客で結構賑わっておりまして、噂通り“おでん”販売所には行列ができていました。大きな鍋を持って並んでいる人もいます。“おでん”は、こんにゃく、肉(牛ハネ)、卵、ちくわ、くずし(魚の練り物)、てんぷら(魚の練り物揚げ製品)の6種類、全て100円均一です。沢山の客に対応できるよう、メニューが書かれてある注文書の各欄に数だけ書いて婦人会の人に手渡すシステムです。

一応、全種類注文しました。
で、食した感想は?と言いますと、
          ・
          ・
          ・
う~ん?
何事も、評判はあまり当てにならないものなんですネー。

ごくごく普通の“おでん”でした。
私の味覚の方がおかしいのかもしれませんが、正直私の採点では100点満点中45点。
ちょっと辛すぎる点数かもしれません、あくまで私の個人的な好みですので、婦人会の皆様には何卒お許しを頂きたいと思います。



この“ひょうたん池”、昔は本当に瓢箪の形をした池だったらしいのですが、灌漑用遊水地としてこのような周囲300m程の長方形に整備され、昭和30年頃“お四国さん”に因んで88本の桜が植えられたのだそうです。近頃は、数3000本とか種類100とかを売りにした大規模な桜の名所も少なくないですが、ここは一極集中型、こじんまりとはしていますがなかなか風情のあるアットホームな名所です。


 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/322-eff4f8f0
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。