スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“癸巳(みずのと・み)” 
HEBI007_1.jpg

年変わり・・・
今年の干支は“巳年(み年)”、というのは厳密には正しくありません。

“干支(えと)”とは、正確には“十じっかん)”と“十二じゅうにし)”の組み合わせのことですから、今年2013年の場合は、十干は“癸(みずのと・き)”、十二支はご存知の“巳(み・し)”なので、正確には干支は“癸巳(みずのとみ・きし)”となるそうです。十干十二支では第30番目・ちょうど真ん中の組み合わせ。

以前にも書きましたが、
十干とは :これは“日(太陽の巡り)”を数えるための数詞で、1ヶ月を上旬、中旬、下旬と十日ずつ3つに分け、その十日を単位にしたものが十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)です。 中国の陰陽五行説に基づき、万物の元となる要素を“木・火・土・金・水”の五つとし それぞれに陽(兄=え)と陰(弟=と)をつけ、十区分に分けたものです。

十二支は :十二年で天を一周する木星(古来より木星は年を示す星であるとして“歳星”とも呼ばれています)の軌道上の位置(天の位置)を示します。 つまり“年”を数える数詞。


は“揆(はか)る”の意で、草木がしだいに形づくられて長さを測ることができるほどになった状態、三つ又の鉾が原形の象形文字だそうです。陰陽五行説では陰の水(水の弟=みずのと)、

は“止む”の意味で、草木の成長が極限に達した状態で、元々は胎児の姿を表す象形文字だそうです。蛇が冬眠から覚めて地表にはい出した姿を表したともされ、従来の生活に終わりを告げ、大転換の時と言う意味も裏に持つそうです。陰陽五行説では陰の火を表し、

二つは「水剋火」という相剋関係であるとか。

十年を区切りの十干では最後の年となると、成長が極限に達し そろそろ脱皮の時も近い状態を表す

政権も新しく変わり、いろいろな意味で、大転換を迎える年を暗示しているような十干十二支にも見えますが、どうか良い年へとターンできますように!


 
 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/294-b7d1a865
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。