スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CWU-45P 
IMGP0585_1.jpg

L2-BやMA-1は止めてCWU-45Pを羽織る日が多くなりました。
襟がある分やはり寒さをしのげます。

1973年米海軍航空隊のインターミディエイト(10℃~マイナス10℃・中間域気温向け)用ジャケットとして開発採用され、’76年には空軍にも採用されて現在に至っています。珍しくアメリカ陸・海・空の三軍および海兵隊において長期制式採用されているジャケットです。

特にこの画像のCWU-45Pは、シェルが難燃性繊維で出来ているので、主にバイクに乗るときに着ています。
普段着ているアルファやアビレックス製のもの等に比べると、中綿の量も随分と多いみたいで、殆ど寒さ知らずです。

火に強いだけでなく摩擦や引き裂きにも強い、大変優れた化学繊維なので、バイクには最適なのですが、紫外線に弱く、日焼け、変色しやすいのが欠点です。

 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/288-c5acd2a7
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。