スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
センサーライト 
IMGP0582.jpg → IMGP0591.jpg


先日の通夜の晩に沢山の人が出入りした為か、或いはもう15年以上にはなる代物なのでそろそろ寿命が来てるのか、家の玄関に取り付けてあるセンサーライトの調子が近頃おかしくなっています。

人影に反応してライトが灯るのはOKなのですが、その後30秒とか1分で自動で消える機構の接触が不調みたいで、うまく30秒で消える時もあれば1時間位かかったり、最悪の場合はコンセントから引き抜かないと一晩中消えないままだったりします。

今まであったものが無いとやはり不便なものなので、ホームセンターへ行って新しいのを探してきました。

ハロゲン電球のものならば昔より値段も随分こなれてきていて2000円位であったのですが、省電力ということでLEDタイプのものに決めました。以前のものは一つ目タイプの割には100Wのハロゲン球だったので、充分庭全体を明るく照らしてくれていたのですが、今回のLED球は40W相当ということで二つ目タイプを選びました。

一晩のうちにトータルでも10分点けるか点けないかのものなので、いくら7分の一の省電力とはいえ、はたして価格差だけの費用対効果があるものかどうか、甚だ疑わしくはあります。そしてLEDの売りの一つに“球切れなし”というのもありますが、寿命が短いハロゲン球でさえ感知センサーの寿命の間は保ったわけですから、これも大してメリットとも思えません。しかしまあ、これも時流ということでしょうか・・・

 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/285-f8dc2363
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。