スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一本だけのユリ 
IMGP0561.jpg


毎朝歩く土手沿いの散歩コース、花見のシーズンが終わってからは荒れ放題で、雑草が結構覆い茂っていたんですが、やっと3ヶ月ぶりに草刈が施されサッパリしました。

距離にして1km位、道端から6、7m下の河土手にかけての一面が、何人でやったものか たった半日の間にスッカリキレイに刈り取られていました。

いつも市から委託されて、シルバー人材派遣の方たちがやって下さっているようです。我が家も年に2、3回、空き地の草の除去をこの協会に頼んでやってもらっています。


さて、スッカリ様変わりして一面に見渡しの良くなった土手ですが、たった1本だけ、大きな白い百合の花が刈り払われずに屹立して咲いていました。

健気に咲いている百合を見て、“せめて、一本ぐらいは!”と、優しいシルバーのおじさんが残してやったものでしょうか・・・・・・

テッポウユリにも似てますが、細い葉の形状から、たぶん“タカサゴユリ”。台湾からの帰化植物だそうです。

 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/258-1712e2f4
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。