スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残暑 
katori.jpg


連日、カンカン照りが続いています。先月17日の梅雨明け以来、こちらは雨も殆ど降っておりません。
この7日がもう立秋でしたので、暦の上では既に、残暑に入ったことになります。

暑中とは小暑(二十四節気)から立秋前日の約1ヶ月とするのが最も一般的ですが、更に厳密に夏の土用(立秋前の約18日間)の間とする説もあるようです。確かに、この期間には二十四節気の“大暑”も含まれ、一年で最も暑い時期と言えるかもしれません。


何はともあれ、早や残暑!

“残暑お見舞い申し上げます”



古代中国に端を発する自然哲学思想に五行思想(ごぎょうしそう)というのがあります。簡単に言うと、自然界全てのもの、万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという説です。この五行では、季節にも、春=木気、夏=火気、秋=金気、冬=水気、とそれぞれ性格が割り当てられていまして、それぞれ四つの季節の変わり目(立夏・立秋・立冬・立春、各四立の直前約18日間ずつ)に残った土気を割り当てて“土用”と呼びました。現代では、夏の土用だけがあまりにも有名になりましたネ。


 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/247-8fb5c654
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。