スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陶・二人展 
korin_k.jpg

大三島で窯を開いている“やきもの仲間”F君が、今治市・河野記念美術館2Fで
今日から二人展をやっています。仲良く夫婦での二人展。


画像は、現在岡山の芸術系大学で陶芸の講師をやっている奥さん(花織ちゃん)の作品。

染付けのモダンな皿ですが、染色や織物の模様をモチーフにしたそうです。
画像のものは白磁に線描きで生地の白の余白部分を多く残していますが、反対に模様の外をダミ(紺色の濃い呉須の溶液で塗りつぶす技法)で青く塗りつぶして模様の方を白く抜いたり(むしろそちらの作品の方が多いです)、各作品ダミの濃淡等変えて、一つの模様でそれぞれ4種類位のパターンで作っていたみたい。
どことなく、イスラムの雰囲気も出ています()。

縁や周りはあえてシンプルに手を加えず、見込みの部分だけ染付けし、染色の布を置いたようなイメージを出したかったのだとか。  もちろん一つ一つ手描きです。


17日の日曜まで、4日間しかやってません。
興味のある方は是非、覗いてみてやってください。

 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/228-4d0451fa
大三島で窯を開いている“やきもの仲間”Fが、今治市・河野記念美術館2Fで今日から二人展をやっています。仲良く夫婦での二人展。画像は、現在岡山の芸術系大学で陶芸の講師をやっている奥さん(花織ちゃん)の作品。染付けのモダンな皿ですが、染色や織物の模様をモチー...
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。