スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西予市で県大会 
CIMG4572.jpg

今日は少林寺拳法・愛媛県連盟が主催する県大会がありました。私も審判員として参加です。今年は丁度、開祖・宗道臣(そうどうしん)生誕100周年にあたる記念の大会でもあります。愛媛の県大会としては第45回目の大会です。

このところ長い間ずっと会場は松山の武道館が続いていたのですが、今回は珍しく西予市の“乙亥(おとい)会館”でありました。全国的にも有名なあの“乙亥大相撲(プロとアマが激突する取組は全国唯一)”が開催される会場でもありまして、形は両国の国技館をモデルに作られたのだとか。

今年の3月から高速道路が宇和島まで延びたので、西予や南予も随分近くなり、朝5時45分の出発でしたが、思ったよりも早く着いて、たった1時間45分ほどの道程でした。昔は3時間ほどはかかったのですがネー・・・

CIMG4561.jpg


話が少しそれてしまうのですが、例年、各役員、実行委員の方々、そして、大学・高校の拳法部員の皆さんには、大会開催の準備&後片付け等大変なお世話になりっ放しです。20年程前までは、各地域持ち回りで毎年のように会場が変わっていた時期もあったと記憶しているのですが、地理的なものとか(松山が愛媛のほぼ中心にある)、町の規模、大学や高校の拳法部にも手伝ってもらえる、等の便利さに甘え、いつの間にか随分と松山近辺の関係者には負担を押し付け続けて参りました。もし私が、松山の道場に所属していたなら、もうとっくの昔に辞めているんだろうなと思います!! 

苦労は当事者にしか分からないものです(コレは本当に大変デス!!)。“絆”とか“一枚岩”とか聞こえの良い言葉を安易に使う割に、シンドサとか嫌なことがいざ自分の身に降りかかってくると、人は平気で逃げたり身勝手な行動にでがちです。いろいろ不備なことがあったとしても、自分だけの立ち位置から一歩引いて相手の視点で考えてみることも必要です。火葬場やゴミ処理場の建設しかり、先年の東日本大震災の(放射能)ゴミ受け入れ先問題にしても全てそうですよネー。

各道院の規模とか能力の問題もあるのでしょうが、やはり助け合いの精神で、もっともっとシンドサは分担してゆかないと益々将来はキツイなあ~、と思いました。

 
県大会 
県大会お疲れ様でした。長い歴史を持つ県大会。
本当に皆が助け合わないと一部の人にかかる負担は大きいですね。同様に今治大会ではその負担がずっしり吉田さんにのしかかってくるのを私は知っています。
>栗栖さま 
こんばんは。

また秋には運用法の大会があるのですが、これ以前のように一本化できないものかといつも思ってしまいます。

門戸が広くなりすぎて、レベルの低下も感じるし、正直和気あいあいの雰囲気は地区大会位迄でいいのじゃないかと思うんです。

PS:矢野先生、修二さん組がマスターの部で最優秀を獲りました。
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/224-d2e1e5fa
今日は少林寺拳法・愛媛県連盟が主催する県大会がありました。私も審判として参加です。今年は丁度、開祖・宗道臣(そうどうしん)生誕100周年にあたる記念の大会でもあります。愛媛の県大会としては第45回目の大会です。このところ長い間ずっと会場は松山の武道館が続...
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。