スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
爆弾低気圧 
typhoon.jpg


4月3日、丁度こちら今治地方のひな祭りの日に吹き荒れた春の嵐、漸くチラホラと頓田川の堤の桜も咲き始めてきた矢先のことでしたが、驚異的な突風で、一週間前に設置された花見用簡易トイレをふっとばし、近所のパーキングの駐輪場も薙ぎ倒して、救急車や消防車が何台も出動していました。

低気圧は寒気と暖気が混じり合うことによって生じます。
通常は日本の東の海上で発達する低気圧、今回は偏西風が日本海付近で南に蛇行し大陸の強い寒気が珍しく日本海付近まで南下したために、太平洋側の暖気とぶつかって、その温度差から短時間のうちに低気圧が発達してしまった模様です。このように、短時間のうちに急速に発達する低気圧を“爆弾低気圧”というそうです。


今回のように、低気圧が日本海上で発生するのは極めて異例のことらしく、気象庁によると、昭和29年5月以来のことだそうです。

最大瞬間風速はこの愛媛でも伊方町瀬戸で30mを越え、近所の大三島や新居浜でもなんと、風速28m/sが記録されておりました。


この爆弾低気圧による全国の死傷者は、死者4名を含み360人にも上ったそうです。

 
桜 
こちらでも日本の余波程度の風が吹きました。4日は天気もよく、無錫の桜を見に行きました。桜は満開で、3年ぶりに桜の花を見ましたが、なにせ人が多く、駐車場の整理員の段取りの悪さと、逆走、割り込みなどで渋滞しとても疲れました。
>栗栖さま 
こんばんは。

桜の咲く時期は、日本と無錫あまり変わらないのですね。

3日の突風は強烈でした。散歩時に鬼丸と2人60cmほど飛ばされ、もう少しで畑に落ちるところでした。

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/205-f8919ea8
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。