スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大寒波 
9a1d68cc.jpg   画像:Europe In Iceshellより

1月末以来の大寒波に、世界中が今大変なことになっています。

欧州の大水脈であるドナウ川が100キロ以上にわたって凍り(セルビアでは一部50センチ厚に達す)、チェコ南西部では氷点下39度4分を記録、温暖なフランス、イタリアなど南欧も含めて、ヨーロッパ全体が激しい大寒波に見舞われています。

水の都ベネチアの運河も凍りついて流氷の海と変わり、ローマでは1886年以来26年ぶりに本格的な雪に覆われ 円形闘技場コロッセオなどの観光名所が閉鎖されました。

寒波による死者は増え続けていて、AFP通信によると中東欧も含めると9日までに460人に達したそうです。


アラスカ・フェアバンクスでは1933年の記録零下50度に次ぐ二日続けての零下46度、
お隣・韓国のソウルでもマイナス17度を記録しています。


日本でも、日本海側では広範囲に大変な大雪となっています。山形県米沢市では気温氷点下10度を下回って、平年の2倍の積雪で、7年ぶりとなる4メートルの積雪が観測されています。青森、富山、新潟、滋賀、兵庫も凄いです。この大寒波は、西高東低というよりは南西高北東低の気圧配置が特徴で、冬型の中でも、山雪型ではなくて、いわゆる里雪型の気圧配置が続いているらしく、北陸平野部の積雪が増え、長野県北部等の山岳地帯の方がむしろ少なめになっているらしいデス


 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/188-ea5ba6d2
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。