スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来島海峡ー絵はがき展 
IMGP0327.jpg


書道の恩師から、世話役をされているということでご案内を頂き、地元の河野美術館へ“来島海峡ー絵はがき展”を観に行ってきました。“来島海峡”を題材に、ハガキサイズの作品だけに絞った展覧会で、全国から全部で407点が応募されています。

市展や県展等でよくお見かけする方々の作品も実行委員会メンバーの作品として沢山出品されていました。
まだまだ、この今治市に縁のある人たちが中心の小さな集まりの展覧会という感じですが、
中には“さすがだなあー”とハッとさせられるほどステキな作品にも沢山出会えることが出来ました。


全国的に有名なところでは、愛媛県西予市・城川町の“かまぼこ板の絵 展覧会”というのがありますが、今回のハガキよりもう一つ小さなキャンバス“かまぼこ板”でありながら、様々な創意工夫のオンパレードで、“驚愕”ともいえる独特の世界を確立しています。

それ等かまぼこ板たちの展覧会と比べると今回の“来島海峡ー絵はがき展”、まだまだ規模としても小さく(かまぼこ板の絵・展覧会は全国から1万点以上が集まります)、バラエティーさにおいてはもう少し斬新なアイデアも必要なのかな(?)とも感じました。 まっ、比べること自体、要らぬおせっかいなのですが・・・

もし、この“絵はがき展”を今回だけのものではなく恒例のイベントとしようとするのならば、テーマをもっと絞るか広げるか、或いは新年の歌題のようにその年毎のテーマを設定するか、そこら辺の戦略を更に煮詰める必要があるように思います。そして、どこまで全国的規模に広げていけるかが最大の課題となるのでしょう。


それにしても、城川町の“かまぼこ板”をキャンバスに限定した展覧会を思いついた炯眼には、本当に頭が下がります。

 
城川町の“かまぼこ板” 
もう何年も前になりますが、姪の作品が出てるというので見に行った事があります。
珍しい展覧会だと思いましたね。
そこから足を延ばして雲の上の温泉へ行きました。
>讃岐おばさま 
おばさまのところからは随分離れていますけど、そうですか、行かれたことがありましたか。
昔は東宇和郡といいましたが、愛媛でも一段と人の良さを感じる土地柄です。そういえば、梼原にも近いですね。

宝泉坊温泉にはよく行ったのですが、雲の上の温泉はまだ行ったことがないのですヨ。

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/185-d3f8940d
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。