スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レミニール 
IMGP0273.jpg

“レミニール”、
去年2011年より新しく厚生労働省に認可された、軽度~中等度向けの抗アルツハイマー型認知症治療薬。
なるべくなら、薬の世話にはならないほうがいいような気もしていたのですが、昨年末から父がこれを服用しています。

脳の神経伝達物質(アセチルコリン)を破壊する分解酵素の働きを抑えると共に、神経の伝達効率を高める作用もあり、記憶・認知障害に対して効果があるとされています。以前から唯一日本で承認されていた“アリセプト”とほぼ同等の効力を持つ新薬らしいです。

アルツハイマー型認知症は、これというはっきりとした原因はまだわかっておりませんが、だんだんと脳が委縮して、神経細胞が死滅していくため、脳梗塞や脳出血といった脳の血管に異常が起こる“脳血管性認知症”と同じく、記憶力・知能はもちろんのこと心身的な機能にも異常をきたしてきます。

このレミニールもそうなのですが、なかなか画期的な効果を発揮する薬がなく、現段階としては症状を遅らせるなどの治療しかできないのが実情です。そして、ゆっくりと確実に進行していく病気です。


父は3年ほど前から、“アルツハイマー型認知症”と病院で診断され、2年程前には自分が車を駐車した場所も時折忘れるようになりました。それで“もう無理だ”ということで、免許を返上したわけですが、それがキッカケとなったかどうか、それ以降坂道を転がり落ちるような速さでボケが進行していきました。

半年ほど前までは、昼間ならまずまず一人でも大丈夫だったトイレも、今では介添え無しではとても無理になりました。立った姿勢でのオシッコではズボンもよく濡らすようになりましたので、今は座ってしてもらうよう替えておりますが、ズボンもオムツ(オムツの中ににしてくれればこちらも楽なのですが、まだ本人が嫌がります)もこちらが下ろしてやらねばなりませんし、トイレに座る向き、座る位置さえも、そのつど何回もアドバイスしながら座り直してもらわなければなりません。ウォッシュレットの操作も勿論本人は出来ません。手を洗わすのも一々声を掛けねば忘れます。プッシュ式洗剤を手の平に受ける動作さえもできなくて、教えないと手の平を立てたまま受けようとします。本当に信じられないような行動ばかりで、とんでもない手間がかかります。

朝起きて夜寝るまで、入れ歯の付け外しから(洗浄も勿論)、着替え、食事、全てがそんな調子です。週3日、デイサービスのお世話になっているので、風呂の方は凄く楽になったのですが、たまに家の風呂に入れる時は本当に大騒ぎで、湯船から上げる時、逆に逆にと体重を掛けてきますので、65kgの体重が倍にも感じられます。

自分の誕生日はおろか誕生月さえも忘れています。今日が何日か、曜日も、季節も分かりません。分からないというよりも、もはや考えようともしていないようです。先日も病院で“おじいちゃん、今は春夏秋冬のどれですか?”という質問に、“秋じゃねー”とシタリ顔で答えてました

ご飯を食べたかどうか、トイレをしたかどうかさえ忘れるようなことも多いです。
食欲だけは異常に旺盛な人で、食事が済んで1時間もすると“そろそろ飯か?”とよく訊きます

一番厄介なのは、就寝後、寝ボケが加わった時で、家でもトイレが分からず迷子状態になって、私たちが駆けつけるのが一歩遅れると(目は覚めて起きても、冷えるからといって靴下など履いたりしていると)、間に合わず粗相することもあり、おちおち熟睡することもできなくなりました。ズボンを下ろした瞬間に、まだ座ってもないのにオシッコをはじめることも夜は珍しくなく、新しいのに着替えさせても、1時間後にはまた濡らす、というような繰り返しです。トイレ以外でも、枕元に決めて置いてあるティッシュボックスが分からず、“ティッシュが無い”or“灯りつけてくれ”と、大声で起こされる事もよくありますが、1時間も寝ると大騒ぎしたことなぞ全て忘れてしまっています。

女房も洗濯物が何倍にも増えて、この冬の寒い中、可哀相に手がカサカサに荒れています。

今はもう、父の寝室の戸が開く音で二人共目が覚めるようになりました。何がつらいかといって、特に昨年の10月辺りからの、この常時睡眠不足が、一番の問題でしょうか 夫婦二人、今はテレビを見てても5分か10分もするといつのまにかウトウトと眠ってしまっているような毎日です。目にクマも出ています。

レミニールを飲む前はまだ夜4回~6回だったトイレも、この新薬を飲むようになってから、逆に7~9回と行くような日も増えて、正直“どうなのかなあ???”という感じです。昼間は一日中座ったまま眠ったような状態で、トイレは本当に固いくせに、夜になると、ひどい時は30分~1時間置きにトイレに立ったりします。まあ最高でもってくれるのが2時間ぐらいでしょうか。却って夜尿症は進行したようだし、睡眠障害なのか熟睡できていないような気もします。ちょっとした風音や物音で目が覚めて“誰か来とるんと違うか?”と起き上がってきます。


大してボケのほうも改善しているようにも思えないないし、この新薬、考え直してみる必要があるのかも・・・・・・
(まあ、あと3種類もあるし、あまり深く考え込まないでいきまっしょい!)

 
こんばんは~ 
先が見えない介護、本当にお疲れさまです。
実家の父とよく似た症状ですね。
トイレの場所を間違えて台所で、というようなこともありました。
夜、寝てくれないのも困りますね。
妹はデイサービスも頼まなかったので、受けるように勧めていたところでした。
>讃岐おばさま 
ご心配頂きありがとうございます。

先ほども寝床で少し吐いたところです。いくら注意しても噛まずに丸呑みで大飯を食らいますので・・・
夜のトイレさえ減ってくれればまだなんとかなるのですが、特にデイサービスから帰った日は あちらで脱水症状予防の為の水分補給を沢山しているせいか、本当に1時間おき位にトイレに立ちます。睡眠薬も寝ボケがより進むとかでダメみたいですし。夜尿症用の薬は飲ませていますが、あまり効果はないようです。

妹さん、近くにお姉さんがいたからきっと頑張れられたのでしょう。

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/182-6dea0a91
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。