スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆既月食 
昨日12月10日は皆既月食、壮大な天体ショーが見られました。

太陽、地球、月が一直線に並び、月が地球の陰に完全に隠れる現象。丁度地球が太陽と月の間に挟まれた状態です。日食とは違い、月が見える場所であれば地球上のどこからでも同時に観測することができます。


10時前あたりから月は静かに欠け始め、翌11日になろうとする直前から 又再び左側から顔を出してくる姿が寒く澄んだ冬空に見られました。皆既月食の始まりは11時5分位、最大は11時30分位だったでしょうか、南の空の真上、右にオリオン、左に双子座、上は五角形のギョシャ座に丁度取り囲まれた状態で はっきりと見ることが出来ました。11日の1時18分位にはまた満月に戻りました。(殆ど中天、真上だったので首が少し凝りました

地球の影にすっぽり覆われて、太陽の光が完全に遮断されてしまうと、反射光を失う月は真っ暗になって見えなくなるはずなのですが、実際は、太陽光のうち波長の長い赤系の光が地球の大気によって屈折・散乱されて本影の中に入るため、皆既月食でも通常は(大気が汚れていない場合は)、月は真っ暗にはならず昨日のように暗い赤銅色に見えるのだそうです。

2年前の2009年7月には、46年ぶりに国内で見ることのできた皆既日食で日本中が盛り上がりましたが、大きさも軌道も全然違う3つの星が、絶妙のバランスを保ち、地球からの見掛け上の大きさが太陽と月両方がほぼ同じとなって、皆既日食と今回の皆既月食、神秘的な両方の天体マジックを私たちは見ることが出来ます。


この絶妙なバランスは奇跡的な偶然中の偶然か、それとも、何か大いなるものの意思が生み出した摂理なのか、いつになく難しいことを感じてしまった夜でした。

何はともあれ、この地球は“奇跡のかたまりの星”ですナー!

 
素晴らしかったですよね! 
私も頑張って写しましたよ。
三脚で真上を撮るのが予習してなくて(>_<)
ブレましたが赤い月がどうにか撮れました。
ゆっくり撮りたかったけど、雲が多くて流れが早く、思うようには。。。
オリオン座、とっても綺麗でしたね。
>讃岐おばさま 
結構長い時間楽しめましたよね。

それにしても、写真キレイに撮れていましたネー。
満月の撮影は難しいでしょうに。

あれ、三脚なしで撮れたのですか?
だとしたら・・・・・スゴイです!
シャッタースピード重視だったのか、それとも腕力が強いのか(笑)

やっぱり明るいレンズはイイですね。




秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/169-b0141e64
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。