スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新居浜・別子ライン 
IMGP0123.jpg   IMGP0126.jpg

例年より随分と遅いのですが、ようやく今年も紅葉が始まりだしたと言うので、新居浜の“別子ライン”に行ってきました。

栃木の足尾、茨城の日立と並んで日本三大銅山の一つに数えられ、かつては世界一の産出量を誇った別子銅山があった処です。

銅山の入口足谷川(国領川上流)に架かる朱色の生子(しょうじ)橋から道の駅“マイントピア”、 鹿森ダム、清滝を経て、河又に至る延長10kmの渓谷を指して、“別子ライン”と呼んでいます。ドイツ・ライン川渓谷にあやかっての命名らしく、昭和30年に県の名勝に指定され、現在は「新日本百景」の一つにも選ばれています。

去年完成した鋼製ループ橋(県内初らしい)を通って紅葉の名所“清滝”に向かいます。このループ橋のおかげで対向車との離合に気を使わなくてもよくなり、随分楽になりました。


IMGP0146.jpg   IMGP0149_1.jpg

“鶯橋”のパーキングに車を止め、赤い吊橋“清姫橋”までの散策コースを歩きました。脇に新しく広い道路ができ上がる数年前まではここが普通の一般道でしたが、今は出入り口に車止めのバリケードが置かれてあって行程1km位の歩道になっています。中間地点あたりから向かいの山を臨むと、この名勝地の名の由来の元になっている落差60メートルを誇る“清滝”を仰ぎ見ることができます。以前は危険な行場としても有名で、一般の人も滝の真下まで歩いてゆくこともできたのですが、どういうわけか今年は橋が封鎖され滝まで渡れなくなっていました。紅葉は?というと、まさにこれから、という感じ。月末くらいが丁度ピークでしょうか。


近頃はめっきり足腰も弱り2、300mが限度だった親父も、一足ずつゆっくりとではありましたが頑張って、今日は珍しく1kmほども歩けました。過呼吸になるほど疲れきっていた様子だったので、マイントピアで一休みして帰りました。

IMGP0158.jpg

 
おはようございます。 
昨日は夫が同窓会で鈍川温泉へ行ってきました。
ツアーバスを利用したそうです。
紅葉の名所“清滝”、今月、行けるかな?
>讃岐おばさま 
こんばんは。

少しずつは冬らしくなってきているのでしょうか。今年の紅葉はどこも今ひとつパッとしないみたいですが・・・

私も先週犬たちを走らせてやろうと鈍川渓谷に行きましたが、紅葉は全然でした。

“清滝”、これからピークがあるとイイですね。




秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/162-9ca7d720
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。