スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書中お見舞い申し上げます 
yayo_senpuki.gif   yayo_natuinu.gif


日本列島どこもかしこも、本当に暑い猛暑が続いています。
梅雨明けからのこの半月間で、熱中症による死者が全国で200人(内9割が65歳以上の高齢者)を超したとか。



これまで気象庁で使う暑さを表す用語には「夏日(1日の最高気温が25℃以上)」、「真夏日(最高気温・30℃以上)」、「熱帯夜(夜間の最低気温・25℃以上の日)」、この3つがありました。しかし、1日の最高気温が35℃以上の日が1990年以降急増。過去10年、20年と比較して3倍近くにもなっているそうです。このため、2007年から、35℃ 以上の日を「猛暑日」として加えることになりました。

先日は、東京で4日間の連続猛暑日、岐阜・多治見市では7日間 連続猛暑日が続きましたが、2004年にはなんと、大分県日田市で22日間連続(年間45日)の猛暑日が記録されているそうです。



 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/15-5ac97a82
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。