スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
曜変天目 
P8270043.jpg   <静嘉堂文庫蔵:別名“稲葉天目”


このところバイク・ネタが続いています。ブログの題名から、これって“ライダーのブログ?”と誤解されそうなので、今日は久し振りにヤキモノ・ネタ。 一応これでも“峠窯・裏日記”ということになってますから。私は焼き物も好きなんです(!?。焼き物ファンの方、長らくお待たせいたしました。


茶道をやられた方はこの名を聞いたことがあると思うのですが、“曜変天目”という不思議な茶碗があります。“耀変”とも書きますが、“曜”=星、“耀”=星の輝きを意味します。釉面に現れた瑠璃色の光芒を発する斑文が、あたかも星が瞬いているような趣であるとして、この名前が付けられたと言われています。窯の中の変化“窯変”も暗に含まれていたかもしれません。ラスター性を帯びた釉薬の被膜の厚みよって、光の屈折率で、このように変化して見えるのだろうと思われますが、まさに碗の中の宇宙、星々に瞬く虹のようです。

12~13世紀の南宋時代、中国・福建省・水吉鎮(現在の建陽市)にあった建窯けんよう)で焼かれたとされている茶碗ですが、一般的に、この建窯から生まれた天目茶碗には、“油滴天目”、“禾(のぎ)天目”、“灰被(はいかつぎ)天目”、そしてこの、“曜変天目”と、4種があり、中でもこの“曜変天目”がその最上級に位置されています。

話が少しそれますが、皆さんよくご存知の“木の葉天目”は、江西省の吉州窯で作られたもので、他にこの窯では玳皮盞(たいひさん)天目、とか鼈盞(べつさん)天目(=鼈甲天目)が作られています。灰黄色の生地に黒釉に藁灰釉を二重掛けし、その垂れが鼈甲(べっこう)状に見えるのでこの名があります。これら吉州窯で作られた天目は、先の建窯で作られたもの(=建盞・けんさん)とは別に、“吉安(きちあん)天目”とか“吉州(きっしゅう)天目”と呼ばれます。

建盞(けんさん)のこの“曜変天目”ですが、現在、世界で4点(または3点・1点は油滴天目とする説もある)しか現存していません。そして、その4点全てがこの日本にあって、内3点が国宝、もう一点の加賀前田家に伝わって小説家・大佛(おさらぎ) 次郎(鞍馬天狗の作者です)が所持していたものは重要文化財になっています。実はもう一つ、この日本に天下第一の“耀変天目”が存在していたらしいのですが、足利義政から織田信長と時の最高権力者に所有され、本能寺の変で他の多くの名物と共に焼失してしまったといわれています。

世界にたった4個(あるいは3個)、当の中国本土でさえ、まだ一件も発見されておりませんし、
どの碗も、口径:12~12,3cm、高さ:6,6~6,8、高台径:3,8~3,9cm、で、1、2mmの誤差しかないことや、胎土も建窯付近にあるラテライト(語源は“レンガ”という意味のラテン語)質の岩石の風化した同様の土なので、同一作者による、1回だけの窯焚きから生まれ出た物ではないかという説もあります。


P8270044.jpg

天目茶碗に多く使われたので、この鉄分の多い飴釉のことを天目(てんもく)釉といいますが、厳密には、天目釉を使っていなくても、このような、口が開き、底が締まったすり鉢型で、口縁で碗側が一度内に絞ってある(スッポンの頭のような形をしているので鼈口“すっぽんくち”といわれます)形の茶碗自体も天目碗と呼ばれ、中には“白天目茶碗”という素晴らしいものも存在します。

本来は、神・仏にお茶を供えるために特別に作られた碗でしたが、現在では天目台あるいは貴人台と呼ばれる専用の台に載せて“貴人手前”として位の高い人がお客様にいらっしゃったとき用のお茶のお手前として使われています。



現在、日本に国宝の茶碗は8点(陶磁器全体でもわずか14点しかありません)。そのうちの3点が、この“曜変天目”です。奇跡のように生まれた茶碗です。どうしてその全部が日本に渡ってきたのか、今となっては知る由もないですが、もし作者が同一人物であったとしたら・・・・・・これはスゴイことですネ。

 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/148-469278f8
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。