スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
剪定 
niwa_s.jpg

お盆も近いので庭木の剪定をしてもらいました。

花とか木とかに余り趣味がないので、剪定方法はおろか剪定時期も全然私は知りません。

日常の雑草摘みから水遣り庭木の手入れの手配まで、全て亡くなった母が一手にやっておりました(しんどかったろうなあ)。


聞くところによると、庭木は年2回の剪定が(厳密には各樹々によって違います)普通らしいのですが、時間的にとか経済的諸事情によって近頃は年1回の家も次第に増えてきているのだとか。


年1回の場合は、常緑針葉樹の多い庭は夏に、反対に落葉樹がメインの庭は“冬”にするのが基本だそうです。針葉樹は夏場の剪定には比較的強く、広葉樹は葉っぱに水分を蓄えて夏の陽射しに耐えているため、なるべく夏場は葉を落とさない方がいいのだそうです。

我が家は両方半々位の庭なのでチョット悩むところです

この焼きつくような異常な暑さの中、2人の親子職人が朝8時過ぎからテキパキとキレイに仕上げてくれました。
従兄弟に庭師がいるので助かります。

 

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/129-cc3cff46
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。