スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拳、その後Ⅱ 
fist swelling

fist+swelling1_convert_20110805212415.jpg P8030077_convert_20110805212454.jpg

早や丁度一月がたとうとしているのですが、手の甲の腫れがなかなか引いてくれません。

ガマンして根性で治すつもりでしたが、溜まった水を注射器で抜いて貰っても4、5日経つとまた元通り腫れ上がり、腫れると神経が圧迫されるので、手を握ったり開いたりが出来なくなって、手の平を返すこともできません。当然握力も限りなく0に近い状態なので、日常生活では、湯呑みを持つことはおろか、車のキーを回すことも、鉛筆1本さえ握れなくなるので、一度は西洋医学と決別宣言をした私ですが、痛みに負けて、恥ずかしながら病院通いを続けておりました。

しかし、水を抜いてはステロイド注射、という治療ももう限界にきているし(ステロイド注射は月4回位が限度らしい)、あまりにも治る気配がないので、もっと精密検査をしておいた方が良いだろうということで、新しい病院を紹介してくれまして、そこでMRI検査(磁力で軟骨や筋も写ります)やら血液検査をやってもらいました。

結果は - 案の定またもや原因不明(T_T)! ただ、軟骨や筋にも格別の異常は見られなくて、かすかに危惧していたリウマチ(これはほぼ左右に出るのですが・・・)や通風(経験者以外まず最初に手に出ることはないらしい)という病気ではないことが分かったので、ひとまずは安心しました。

結局は滑膜炎と腱鞘炎の合併したようなものかもしれないということで、とりあえずは手首を固定して、消炎薬と抗生物質での内服治療に切り替えようとのことです。


或る人は、“お前は今まで散々人をドツキマワシてきとるけん、絶対その怨念みたいなものが出てきとるんじゃ思うぞ!ワシは 病院よりもお祓いに行ってきた方がエエと思う。” などと言って脅してくれますが、今ハタと思うに、その忠告をくれたその本人(道場の化物です)から、長年に渡って痛めつけられた数々の関節技の影響が、今臨界点を越してドバッと噴出しているのではなかろうかと、確信にも似たそんな気がする今日この頃です・・・・・・


PS: 画像は4、5日前の固定板のもので、今はもっとギプス化したものになりました。内服薬で治らなかったら、整体でも試してみようかなア。



 
確信 
私もその影響は否定できないと思います。なんとかよくなってください。先日Hさんから新入門の人が5人も入ったとメールありました。
>栗栖さま 
おはようございます、今日も今治は快晴です。

そうでしょう? やはりその可能性、大でしょう? 特に水曜日は先生とHさん、あの人間離れした2人のお相手を一手に引き受けてきましたからねえ。閂系なんて特に、この細い手首の靭帯が万力で締め上げられるみたいに悲鳴を上げていましたよ。

今、やる気のある若いのが数人入ってきているので、もう少し上達したら矛先が分散してくれるのではないかと期待しています。

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/127-cc22fa82
手首や指を安静にして一日中固定しなくても、手術や注射をしなくても「腱鞘炎」「テニス肘」「ばね指」は、自宅で克服できます!
リウマチの痛みや強張り、本当につらいと思います。そのために日常生活もままならない、やりたいことが出来ない・・・でも絶対にあきらめないでください!必ず良くなります!!
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。