スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“原付二種” 
P603hakata.jpg

近頃よく乗ってやっている親父のCD125T。125ccの4スト空冷ツインバイクですが、その車両範疇は正確に云うと“原付二種”51cc以上125cc以下の小型自動二輪車)!

ナンバー登録はじめ、譲渡、廃棄手続きは原付と同じで市区町村の役場で管轄管理しているので、中型以上のようにわざわざ陸運事務局に行く手間もかかりません。

50cc以下の原付バイクは30km/hや二段階右折の制限があって、かなり窮屈な思いをしながら走らなければなりませんが、原付二種は高速道路(自動車専用道路)が走れないだけで、他は中型や大型バイク・車と全く同じ扱いです。もちろん二人乗りもOK。


特に我が今治市から始まる“しまなみ海道”には歩行者・自転車専用道路と共に125cc以下の原付道(所々は自転車道と共用)というのがあるので、その恩恵を大きく感じることができます。

今治(四国)から尾道(本州)に渡るのに、ETC割引を使わない場合、普通車4700円(軽自動車は3800円)、126㏄以上の中・大型バイクは軽自動車と同等の扱いで当然原付道は走れませんから本線を軽自動車と同じ3800円、しかも高速道路扱いなので2人乗りもできませんでした(2005年4月から解禁・但し条件あり)。

ところが原付二種なら、自転車&原付と同じ片道たったの510円!、しかーも、2人乗りまでOKなんですよネー。

昔の話になりますが、一度なんか、中型バイクで妻とタンデムで大三島まで行こうとした時に、本線は2人乗りダメと言われて、後続車両に頼み込んで急遽妻を同乗させてもらったこともありました(帰りはフェリーで帰りました)。料金は軽自動車と同じだけ取って、1人しか乗れないのですからネエ。

現在の日本のバイク待遇は、125cc以下とそれを超えるものとでは天国と地獄なみの差があるようです。


私は今まで普通車か中型バイクでしか“しまなみ海道”を走ったことがなかったのですが、先月このCD125Tで初めて原付道を走って以来、今はこの“原付二種”での島散策に魅了されています。 

安い! 2人乗りもいける! 好きなところでバイクを止めて景色も眺められる! 機動力を利用して思いつくままの旅が出来る! 本当にイイこと尽くめなんです。

燃費がイイ、パワーもそこそこ、風を感じられる、たまにタンデムでもすれば夫婦仲も少しよくなる・・・・・・“原付二種”、最高の乗り物でしょう? 軽自動車と共に、日本で一番優遇されている乗り物に違いありません!

今探せば、2ストなら250ccクラスに匹敵するパワーのものもあるし(現在2ストバイクは製造されておりません)、

うう~ん、またまた2ストの125ccオフロードバイクが欲しくなってくるなあ。


PS: 四国&近畿地方、一昨日の8日に梅雨明け発表。平年に比べ四国で10日(昨年比だと18日早い)、近畿では13日早い梅雨明けだそうです。
   これで一気に“夏”ですなあ。
 
夏本番 
瀬戸内海は最高ですね。蘇州にも太湖という巨大な湖がありますが、やはり瀬戸内海が好きです。
ps.吉田さんでも奥さんと喧嘩されるのですか。
>栗栖さま 
おはようございます、今治は晴天です。

昔、中国のお偉いさんが瀬戸内海を見て、
“日本にも大きな川がありますね”と言ったそうですが、流れの速いところなどを見るとそう見えなくもないですネ。

もちろんたまには喧嘩くらいしますよー、殆ど俺が悪いのですけどねe-351

秘密にする

トラックバックURL
http://tougegama.blog119.fc2.com/tb.php/119-8b1d8566
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。