スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
県職員“くまモン”優勝!! “バリィさん”2位!(T_T) 
kumamon.jpg

全国349キャラが参加した「ゆるキャラ(R)グランプリ2011」(http://www.yurugp.jp/)、結局は熊本の“くまモン”がそのまま逃げ切り1位。

我が今治“バリィさん”は、トータル245238票を獲得して2位でした。“くまモン”と抜きつ抜かれつ接戦を演じていた時期もありましたが、終わってみると42000票以上の差がついていました。26日、投票最終日にも“くまモン”は最後の投票を呼びかける街頭ビラまきまでしたそうで、この熱意の差が出た感じは否めません。
“今治人は結局“詰めが甘いんじゃー!郷土愛が足りんのじゃ~!!

それに、27日埼玉県・羽生市で行われた表彰式での動きを見ていると、ディズニーのミッキーとまではいかなくても、やはり“くまモン”プロの動きです。今治人と同じくシャイな“バリィさん”、ちょっと相手が悪かったか。壇上での紹介が“バリィくん”と呼ばれていたのも少し気になりました。2位になったとはいえ、まだまだ知名度が足りないのかな?

特筆すべきは、驚くべき追い上げで急遽3位になった東京・西国分寺のアンオフィシャルキャラ“にしこくん”、
Twitterと2ちゃんねるで「“にしこくん”1位にしようぜwww」というスレッドが立ち上がり、わずか2週間の間に85位から投票機が炎上するほどの“ありえない”急浮上を見せました。1時は一挙トップに躍り出たものの、架空ドメインでの投票や機械的な間隔で大量の投票を行った為、主催者側が機械的な投票28万5335票を無効にする措置をとり、この結果になったらしい。畏るべし、ネットの闇。

ゆるキャラがそがいなアコギなまねしてどうすんぞ!今治弁)”


ちなみに、昨年の第一回「ゆるキャラ(R)グランプリ2010」では、1位は滋賀県の「タボくん」。2位 佐賀県唐津市の「唐ワンくん」。3位は岐阜市の「やなな」であったそうな・・・開催地・彦根市のキャラ“ひこにゃん”はこの携帯投票では9位でしたが、イベント会場での直接記名投票でダントツの1位を勝ち取り面目を保ったそうです。



“くまモン”: プロフィールでは「いちおう公務員」、県職員。2010年3月から2011年9月29日までは熊本県臨時職員、2011年9月30日よりなんと熊本県営業部長とある。『くまもとサプライズ特命全権大使』兼『くまもとミリオンプロジェクトリーダー』という肩書きも持つ。一番の友達は蒲島郁夫・熊本県知事とスザンヌ(熊本県宣伝部長)なのだそうだ。スローガンデザイン及びキャラクターデザインはアートディレクター水野学(グッドデザインカンパニー)氏の手によるもので、生意気にもプロフィールを綴った名刺も所持しているらしい。2010年の11月には大阪府内で宣伝活動である名刺配布に嫌気が差し失踪、蒲島知事が緊急記者会見を開き、県では「大阪でくまモンを捜せキャンペーン」を12月上旬まで行うという小粋で戦略的な演出も行っている。くまモン関連商品の売上合計(県の許可があれば、個人または企業でロゴとキャラクターを無料で利用する事が出来るそう)は、売上報告のあった200社だけでも10億円を突破しているそうです。見事日本一になった県職員の“くまモン”、果たして給料はあがるのだろうか?


スポンサーサイト
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。