スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
母が亡くなって、はや二ヶ月が過ぎました。

皆さん、“そろそろ落ち着きましたか?”と優しく声を掛けて下さいます・・・・・・

私の生活環境はスッカリ変わってしまいました。


実は、私の父は2年ちょっと前に“アルツハイマー型・認知症”と診断されまして、以来要介護1なんです。

父の場合、まだ杖もつかず自力で歩けるのと、一人の散歩で徘徊もせず何とか自宅には戻れ、他人とも普通に会話もできているので、なかなか“要介護2”の認定がされません。“要介護1”は区分けでは介護の部類では一番軽いとされてる位置づけなのですが(介護支援というもう一つ軽いランクもこの下にありますが)、丸1日一緒に生活していますと、結構これが大変なのです。数時間や半日では見えなかった底知れぬ驚きが沢山あります。


2年ほど前から既に、外で食事をした時は、出口と間違えて何故か決まって厨房に入って行く癖がありました。病院のトイレに行っても待合から数メートルしか離れていないのにも係わらず迷子になります。道の段差にはなかなか気がつきません。10分前に見た相撲やボクシングの勝敗も忘れています。今では着替えも1人では先ず出来ませんし(ズボン下の上にパンツをはいたりします)、服の着こなしもダラシノナイとんでもないものになったりします。とにかく毎日の着替えには時間がかかって手間取ります。買い物に行くにも家で一人留守番させておくこともできないので、着替えさせ さあ一緒に出発、という時に“トイレ行ってくる”(10分前に行っています)と言って、また汚し、一からやり直しということもしょっちゅうです(T_T)。夜中には最低2度、3度とトイレに立ちますので、おちおちこちらは寝てもいられません。

母の死も少しはショックがあったのか、この半月ほど前から特に衰えが進んできています。
このところ続けて 浴槽から自力で上がれなくなって大騒ぎをするので、風呂も自宅ではチョット難しくなりました。とは言っても脚力等の衰えではなく、体の運用法がわからなくなっているというか、動作を指示する伝達系統が混線しているようなそんな感じです。右足に重心をかけているのにその右足を上げようとしているような・・・寝起きなどは特に自宅のトイレさへ場所を間違えそうになるほどになりました。突然歩けなくなって、軽いパニック状態に陥ることもあります。

いくらその都度教えても、言い応えがないというか、覚えようとする意思さえもうないようです。何に対しても興味がないというか、無気力、向上心のかけらもなく、数分おき位にアクビばかりしているのがこれまたわが親ながら腹立たしいです。

昔から家の事は一切何もしなかった人なので、火を使おうとかはしないのが今のところ不幸中の幸いといえば幸いでしょうか。食欲だけはすこぶる旺盛なので(食い意地だけの為に生きている感さえあります)、ちょっとでも目を離すと目に付く食べ物何にでも手を出します。冷蔵庫のピザやブタ饅も冷たいまま(もはやチンをすることさえ思いつかないようです)、お客用に買ってある菓子も見境いなく、おかげであまり買い置きもできません。

今月からデイサービスを3回に増やしてもらっていますが、4時までと早いので、全然仕事になりません。

これで1年前の4月までまだ車の運転をしていたのですから(本人はまだ乗るつもりで老人講習の予約まで入れていたのですが、何かあってからでは遅いので無理に止めて貰いました。今思うとそれから急にボケました)恐ろしい限りです。

自分の親が壊れていくのを見るのは悲しく腹立たしい時もありますが、私たちには子供ができませんでしたので、子育ての変わりを今経験させてもらってるとでも思うことにして、この1、2歳児くらいの知能になってしまった父に今しばし接してみようと思っています。(子供は成長する楽しみがありますが・・・フウッ~
スポンサーサイト
..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。