スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
定窯 
IMGP0830.jpg   IMGP0843_1.jpg


暫く大阪に行っておりました。
20日木曜日は生憎の雨でしたが、久しぶりに中之島にある東洋陶磁美術館を訪ねました。
学生時代から昔はよく通った美術館。

今丁度、中国・“定窯(ていよう)”の企画展をやっています。

元代に廃窯してから長らく謎となっていたその窯址ですが、1934年、中国の陶磁研究者・葉麟趾によって河北省曲陽県澗磁村一帯にその窯址があることが発見され、1941年には日本の小山冨士夫(高名な陶磁研究家、後に陶芸家)も現地調査したことは有名です。その後中国の考古学者&陶磁学者たちによって発掘調査が行われ、特に近年2009年9月から2010年1月にかけて実施された本格的発掘によって、定窯の分期・編年研究や焼成技術の変遷がやっと明らかになりつつあるようです。その時の極めて重要な意義を持つ重大発見の出土品66点が、今回日本で初めて展示されています。(23日まで


五代より宋、金代にわたって栄えた河北省の名窯で、黒釉、柿釉などのものもありますが、“定窯”といえばなんといっても薄手の白磁が有名です。

定窯は本来民窯なのですが、宋の朝廷が最初使った官用磁器は定窯のものでした。北宋(960年~1127年)ができた創成期&早期には、官窯はまだ出来ていなかったのです。4、5年の間はここの磁器が朝廷の官用磁器として使われたといわれています。後に河南省・汝州に汝官窯、首都・開封(かいほう)の城内に北宋官窯という御用窯が作られ、官用磁器の座は後のそれら官窯にゆずりますが、地域を越えてその人気と評価は高く、後に北宋を滅ぼした金(女真族)の宮廷用器としても使われました。

元々“定窯”は唐代中期に始まり中国古代の定州一帯で生産された磁器産地でしたが、なかでも宋代になるとその窯業技術は革命的に進歩し燃料は薪から石炭に変わり、酸化炎によるあたたかみのある黄色味を帯びた白磁が作られるようになりました。そのアイボリーホワイトは“牙白”とも呼ばれて珍重され、定窯最大の特色ともなっています。器を逆さに伏せて焼く覆焼技法によって、ゆがみの少ない薄手の端麗なものも焼かれるようになったようです。

その人気故に後代に色々他所の窯場でも写しものがつくられ出回っている定窯ですが、少し青白磁っぽかったり、妙に真っ白だったりで、なかなか本物のこの“牙白”を見ることはできません。台湾・中国の故宮博物院にでも行かなければめったに見れない定窯を今回は存分に見ることができて幸せでした。特に、発掘されたままの破片や、焼きそこない、叩きつけて型にした台、等も展示されていて、作り手としては大いに勉強になりました。11時位~3時前まで都合4時間ぐらい観ていましたが、眼福、眼福、お陰で“CHAWANYA魂”にこれで少しまた火がつきました。


行きは“しまなみ海道”ルート、帰りは“明石海峡大橋”から徳島に渡り一周。走行総距離数697㎞也。


スポンサーサイト
先日の窯 
IMGP0814.jpg IMGP0810_1.jpg


地震の記事を先行させましたので、順番が逆になってしまいましたが、先日の悪戦苦闘した窯、何とか無事焼き上がっております。お陰さまで納品も無事終わり、先方さまにも喜んでいただけました。

これでまた、悪条件下での奮戦データが一つ増えましたので、次回又何か起こったときの判断参考にはなるかと思います。

相詰めした個展用新作見本などもまあまあキレイに上がってくれていて、これでゴーサインが出せそうです。
あとは前々からやってみたかった黒化粧の作品に少し挑戦してみたら、新しい展開が見えてくるかもしれないと思っています。

しかし思えば、もしあの地震が1週間前で、ちょうど窯焚きの最中だったらと思うとゾッとします。まあ余程の規模の地震でない限り窯自体には被害はないと思うのですが(それでも芸予地震のときは知り合いの穴窯が潰れました)、1ミリ位の間隔で隙間なくギッシリ詰め込んでいますので(窯焚きは窯詰めで8割方決まるとも言われています)、揺れでお互いがぶつかり合ったら、釉薬でくっ付いたまま上がってしまいますから。もし窯にでもくっ付いたらそれこそ悲惨で、場所によっては大変なことになってしまうところでした。

とりあえずはまあ、メデタシ、メ・デ・タ・シ。


白化粧 
P1310007_1.jpg   P1310004_1.jpg

日記も10年目に入りますと、なかなかネタが不足気味。
珍しくたまには仕事のことでも書こうかと・・・・・・
興味のない人にはスミマセン。


今度の窯はコーヒー碗類が中心です。

“面取り珈琲碗皿”の化粧掛けをしました。
開窯以来の峠窯・定番商品の一つで、30年近くずっと作り続けてきたロングセラーです。
本来は赤い土なのですが、カオリンという白い土を水状に溶かした化粧泥を表面に掛け 白化粧(しろげしょう)をしてやります。こうすることで、白磁などとは又違った、ほんわかとした温かい白い器が出来上がります。粉を吹いたような白なので、“粉引(こびき)”とか“粉吹手(こふきで)”と申します。室町期、李氏朝鮮から日本に伝わった技法だといわれています。私の“粉引”は単に真っ白ではなく、土に含まれている鉄分に働きかけて、ほんのり所々にピンクの紅をさしてやるのが特徴です。

3日ほど乾かせば完全に乾燥しますので、あとは素焼き窯に詰めてゆきます。本焼きとは違い、釉薬を掛けていませんのでくっつく心配はなく、作品同士が触れていても或いは重ねても大丈夫なので、窯詰めは楽で量も沢山入ります。本焼きのように炎の流れとかは気にせずどんどん窯詰めしていけますので、その点は楽です。

素人の方は割と知らない人が多くてこちらは逆に驚くのですが、最低素焼きが上がるまでは(できれば本焼きまで)、こういうコーヒー碗の取手を取って持ち上げてはいけません。ポロリっと取れてしまうことがあります。コーヒー碗のような小さなものならまだしも、手鉢などある程度大きいものになると、ほぼ100%ポキンッと割れてしまいます。素焼き前のヤキモノって大変もろいものなのです。鉢類でも、縁を片手でなんか決して持ってはいけません。我々本職は無造作に持っているように見えて、実はちゃんと深く腰の方をつまんで持ち上げているのです。

ウチでも以前何度か、私が目を離したスキに外で乾燥中の品物をお客さんに持ち上げられて、毀されてしまったこともありました。まさか製作途中のものを無断で持ち上げられるなどとは思ってもいませんでしたので、こちらもウッカリだったのですが、世の中にはいろんな人がいるもので、それ以来、外で乾かすときは“乾燥中、触れないで!”の札を一応置くようにしています。まあ、取手のあるものとか細工もの、大皿などはまず工房内で乾かすようになりました。

釉掛けや、釉(クスリ)作りをしている時などは、くわえタバコの人が工房に入ってくるのも気になります。案外と無頓着な人も多いですから。(ポロリと灰が釉薬の中に入ってしまうこともあります


3種類のコーヒー碗と皿、あと、先日頼まれた新装する居酒屋さんで使う酎ハイ用マグと焼酎ロックカップもついでに一緒に焼いてしまう予定です。

画像の“面取り珈琲碗”の土は信楽土と中国黄土の合わせ土、この土の収縮率は約1割5分8厘、焼成前と後ではこんなに大きさが違うんですネー。




抹茶碗 
PC140039.jpg


抹茶が好きで時々戴きます(週2~3回?)。

各個展や展示会等を訪ねた時、造形力や洒落たデザインに惹かれ、ついつい買ってしまって集まった他作家さん達の茶碗も我が家には幾つかありますが、中にはとんでもなくお茶が点て辛かったり、飲み干した時妙にダマが残るもの、あるいは、その二点は合格でも、どういうわけか泡消えが早くてすぐ緑色の池のように茶面がなってしまったり・・・残念なものにも何点か遭遇しました(見掛け倒しで全く使い辛い為、可哀想に軒下に10年程放りっ放しにしてしまっていた茶碗もありました)。

こういうとき、茶溜まりの深さや大きさ、見込みと腰との形状や角度のかねあい・・・と、色々と自分なりに考証して自分の茶碗作りの参考にさせてもらっています。決して私にとっては安い授業料ではないのですが、こういうものは、自分が身銭を切って使ってみないと分からないことだと思っています。おかげで最近はある程度手に取って見ると、大体の使い勝手が想像できるようになりました。

料理を盛るだけの器とは違い、抹茶碗は茶を点てる道具でもありますから、そこが、昔から“茶碗は難しい”と言われてきた所以(ゆえん)でもあるのでしょう。


いかにも食指が動くであろう際立った個性に輝いて、展示会場で目が飛び出るような値段が付けられた茶碗たちの中にも、コレは果たして“茶盌”として使えるのかな?、と、首を傾げたくなるモノにも往々にして出会うことがありますが、少々の使い勝手の悪さなど超越して、所有する、あるいは使い辛ささえ楽しめる、そのような美もまたあるのでしょうから、それに関しては、あえてここでとやかく言いことは止めましょう!


“あなたの茶碗が一番点てやすい”・・・・・・女房の言葉を励みにして、まだまだ勉強していきまっしょい



峠窯:花舞 
sakura.jpg

峠窯: 粉引菓子器 “花舞”


器そのものを桜の花びらに似せて五弁に輪花、
中にも 春風に舞う桜花を散らせてみました。

信楽の荒目土に中国黄土を少しブレンドすると、
渋みのある粉引(コビキ)に焼き上がります。


sakura_side.jpg


注)粉引: 鉄分を多く含んだ赤土の素地に、カオリン等の白い土の水溶液で白化粧を施した“やきもの”を称して、粉引(こびき)、或いは粉吹(こふき)と呼びます。元々は上質の白い土に恵まれなかった地方がなんとか白い焼き物を作ろうとして編み出した苦肉の策でした。白釉の風情が、粉を引いたように、また粉を吹いたように見えることから、この名前がつきました。高麗から伝わった技法です。峠窯の粉引は、“淡雪のような、温かく冴えた白”を目指しています。

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。