スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自動車税 
car1.jpg

自動車税、高いですネー。

毎年5月中に払うアレですが、
ウチは普通車2台に軽1台、それからバイクが2台ありますから、合計するとこれが結構な額になります。
約10万円弱という税金が、所有しているだけでこの貧乏な我が家にも毎年かかっている勘定です。
加えて車にしろバイクにしろ古い車両ばかりですから、車に関しては軽以外はなんと1割り増しなんですヨ。(再来年からは、今まで適用外だったこの軽にも旧車増税制が加わるそうです

それがまた2016年度からは、新車登録から13年以上が過ぎたクルマ(軽含む+今度はバイクまでも)は、現在の15%増しから20%増しにするという動きもあるようですから、ますます税金の負担で家計は圧迫されてしまいそうです。

新車のエコカーが買える人たちには、取得税の廃止・重量税の減税(車によっては全額免除も)、それに購入3年後の車検時位迄はいろいろ他にも恩恵があるみたいで、そういえば少し前までは、“エコカー補助金”なんてバカげたバラマキものもありました

なんでも政府は“車のグリーン化”を促進して、石油資源や地球温暖化など、環境保護に貢献するのが目的という大義名分を掲げているみたいなのですが・・・・・・

製造後13年以上経っていても、リッター15㎞以上で頑張って走っている旧車のミッション・軽自動車に大事に乗っている人は増税で、いくら新車のエコカーとはいえ排気量そのものが大きくてリッター10㎞を切っているような大型車でも減税、これって何かおかしくないですか?

一方では旧車ほど税が優遇されている国(例えばイギリス)もあるほどなのに、“古い車は早くスクラップにして、新車に買い換えろ”みたいなこの税制は、日本経済を大きく支えてきたわが日本車の旧車たちに対して冒涜ともいえるものではないでしょうか。

せめて、燃費、排ガスのクリーン値の比較で公平に分類して、増税するならして欲しいものです。
スポンサーサイト
鼻で笑う 
韓国ドラマを見てて思うのですが、
舌打ちとヒトを鼻で笑うような表情が、あまりにも多すぎやしませんか?

あれは民族性なのでしょうかねー。
韓国ドラマが大好きな私なのですが、これだけはちょっといただけない感じです。


少し前の話 
factory.jpg


ちょっと前の話になりますが、喫茶店で或る2、3人組が回りもはばからず声高にpm2.5の話題で盛り上がっていました。

要約すると、自然の黄砂ならまだしも、排ガスや工場から出る公害煙は明らかに人災で、マスク位では防ぎようのない細かい粒子だというのが分かっている以上、なんでもっと厳しく規制をしないのか、甚だ傍迷惑で困ったものだ、とまあ、こういうような趣旨でした。あらためて、いろいろ問題も多い某国の国際常識の無さを嘆いていたみたいなのですが、

・・・・・・結構なヘビー・スモーカーみたいで、その席辺りからはもうもうとタバコの煙が!(まあ禁煙席ではなかったので仕方ないのですが

聞くとはなしに聞こえてきた話の内容と、その周辺に煙る紫煙の違和感が妙に印象的なひと時でした。


他人(ひと)のことは見えても、なかなか自分のことは見えないものです。



pm2.5とは、直径が2.5μm(マイクロメートル=昔はミクロンといいました)以下の非常に小さな粒子を意味します。どのくらい小さいかといいますと、1マイクロメートルは1000分の1mmのことなので、2.5マイクロメートルは0,0025mm。花粉で30マイクロメートル程度、細菌やバクテリアでさえ3マイクロメートル程度だそうですから、細菌よりも小さい物質ということになります。

このものすごい細かさゆえに、いったん吸い込むと、肺や肺の中の血管にまで浸透し血中に入り込み、ひいては体中の各臓器にも入り込んで発ガン性の恐れもあるようです。日本の環境省のpm2.5に関する基準では“1年平均値が15μg(マイクログラム)/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下”であることとしていますが、このpm2.5が400~900μg/m3まで達することで、中国北京の環境汚染が有名になりました。

しかし、忘れてならないのは、タバコから発生する煙も又pm2.5の1つであることです。禁煙となっていない飲食店のpm2.5は、200~800μg/m³に 達することもあるそうで、例えば喫煙可能な喫茶店での測定結果では常に1立方メートルあたり300μg(マイクログラム)を超えていたそうです。

特に、閉ざされた室内においては、数人がそばでタバコを吸っているだけで、受動喫煙者にとっては、環境省が定めたpm2.5の基準をはるかに超えた劣悪な環境の場所に置かれているに等しい状態なのだともいえそうですネ。





奇妙な果実 
PB120016.jpg

Southern trees bear strange fruit,:南部の木には変わった実がなる
Blood on the leaves and blood at the root,:葉には血、根にも血
Black bodies swinging in the southern breeze,:黒い実が南の風に吹かれて揺れる
Strange fruit hanging from the poplar trees.:ポプラの枝にぶら下がった黒い奇妙な果実

伝説的黒人女性ジャズシンガー、ビリー・ホリデイ がステージの最後を飾る曲としてよく歌った名曲“奇妙な果実”の一節です。

20世紀前半のアメリカは、まだまだ人種差別の横行する社会であり、黒人は人間とはみなされていないような風潮がありました。特に南部を中心に、黒人の虐殺は日常茶飯事であったようです。曲中の“風に揺れる奇妙な果実”とは、つまり、リンチで殺されて木に吊るされた黒人の死体のことなのです。


一瞬ギョッとするほどの過激な詩の内容で大会社が恐れをなして吹き込みを尻込みしたこの曲は、1939年の春、コモドア・レコードという左翼系の小さなマイナー・レーベルによって録音、発売されることになりました。

ルイス・アレン(ペンネーム、本名はエイベル・ミーアポル)というブロンクスのユダヤ系アメリカ人の高校教師が作詞・作曲したこの曲と、壮絶な生い立ちを持つビリー・ホリデイが出会い、そして彼女の歌声がアメリカ全土の良識ある人々の心に突き刺さり、後の公民権法成立(1964年)に大きくつながったと言えなくもなさそうです(ビリーはこの曲での取材でタイム誌に初めて写真が掲載された黒人としても有名です)。

いわば、人種差別反対運動を突き動かした歌と言い切っても過言ではないのでしょうが、それがただ怒りをそのままぶちつけるパッションみたいなものではなくて、不思議なくらい淡々と切々と歌い上げた彼女の哀しさだったことに注目したいと思います。それにしても、彼女の表現力の凄さは、ハンパではないです。


レンジで魚が焼ける皿 
IMGP0147.jpg

レンジで魚が焼ける皿。

何のことはない、要は耐火土で作っただけのプレートで、電子レンジのマイクロ波で皿自体を焼いて高温にし、その土から出る遠赤外線によって焼き上げる、という原理なのでしょう。マイクロ波は使いませんが石焼イモと一緒です。これはフタ付きのタイプ、うっすらコゲ目も入ります。

鍋土を使えばウチでも簡単に作れそうなのですが、1,000円ほどで売っているのでツイツイ買ってしまいました。これは機械モノの方が優れている、というモノも中にはやはりありますから。 耐火度とか耐久性(何百回の使用に耐える)、ちゃんと工場検査データもとっているでしょうから。

フタをすると、食材に含まれている水分によって少し蒸し効果もあるようで、メザシやシシャモはコンロで焼いたのに比べ少し柔らか味も出て美味しいようです。サケに関しては少しパサツキ感があって、私個人の好みではやはりコンロで焼いた方に軍配が上がるでしょうか。


でも、ガスコンロのグリルだと殆どつきっきり状態で、少しでも目を離すとすぐに黒焦げになっていたりしたのに比べると格段に楽になったと、女房には好評なようです。
料理は手間隙を惜しんではいけません、ブツブツ・・・)

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。